1. ハゲ・薄毛 治療 >
  2. AGA・若ハゲ >
  3. 発毛剤 >
  4. ミノキシジル >
  5. ミノキシジルへの耐性ができた時の対策方法まとめ

ミノキシジルへの耐性ができた時の対策方法まとめ

ミノキシジル薄毛治療の有名な治療薬です。外用薬・内服薬として使用され、非常に高い発毛効果があり、薄毛に悩む人には強い味方になる薬です。ところが、使用し続けているうちに「耐性」ができてしまうという噂もあります。ミノキシジルに耐性ができた場合、どうすれば良いのか? その対策についてまとめました。

ミノキシジルで耐性効いて効果が悪くなることはあるのか?

ミノキシジルはAGA治療で最も利用されている薬の1つ

ミノキシジル ミノキシジルはAGA治療で最も利用されている薬の1つ

ミノキシジルは、日本で最も有名な発毛剤・リアップの有効成分として有名です。
リアップは外用薬ですが、ミノキシジルの内服薬としてミノキシジルタブレット(ミノタブ)と言うのもあります。

ミノキシジルの外用薬・内服薬どちらもAGA治療に効果的であり、医療の現場でもフィナステリドと並び、最も利用されています。

ミノキシジルは元々血圧を下げる降圧剤として利用されていた成分です。
血管拡張作用があることから、頭皮へしっかり栄養分を届けることで、発毛促進および太く抜けにくい髪の毛を生やします。

一方フィナステリドは、ヘアサイクルを乱す要因の男性ホルモン誘導体DHTを生成する5αリダクターゼを阻害することで、抜け毛予防効果を示します。

ミノキシジルとフィナステリド、それぞれの働きが両極的なものであることから、ミノキシジルは攻めの治療薬、フィナステリドは守りの治療薬として扱われています。

実際、AGAの治療においても片方だけを処方するのではなく、併用することで現状維持と薄毛の改善を期待して治療を進めていきます。

ミノキシジルとフィナステリドによる薄毛治療の有効性は、学術的に認められたものであり、日本皮膚科学会ガイドラインの男性型脱毛症診療ガイドラインでも推奨度A(治療薬として強くおすすめできる)と最も評価されています。

推奨度 治療薬・治療法
A フィナステリド、ミノキシジル
B 自毛植毛
C1 塩化カルプロニウム、t-フラバノン、アデノシン、サイトプリン・ペンタデカン、ケトコナゾール
C2 セファランチン
D 人口毛植毛

(日本皮膚科学会ガイドライン 男性型脱毛症診療ガイドライン2010年版より)

↑目次に戻る

そもそも耐性とは

ミノキシジル そもそも耐性とは

耐性はある特定の薬物を反復使用することで、投与された本人の身体が徐々にその薬剤に対して慣れてきて、効果が薄れてくる現象のことです。

また、耐性には2種類あり「組織耐性」と「代謝耐性」に分類されます。

組織耐性

組織耐性は、薬剤が作用する受容体(相手)の数が減ることで、薬剤の効果が発揮できなくなる現象です。

例えば、ミノキシジルと同様AGAの治療薬として有名なフィナステリドですが、この受容体は5αリダクターゼです。
5αリダクターゼはヘアサイクルを乱すDHTを生成しますので、フィナステリドは5αリダクターゼの働きを阻害することで抜け毛を予防します。

頭皮にある全ての5αリダクターゼに作用してDHTの生成を阻害していた場合、それ以上のフィナステリドは効果を期待できませんので、組織耐性が身に付いた状態となります。

代謝耐性

代謝耐性は、お酒を例に挙げると分かりやすくなります。

通常の人はお酒に対して耐性がないので、最初は少量のお酒でも酔いやすくなります。
しかし、お酒を飲む頻度が増えてくると、アセトアルデヒドを分解する酵素の生産能力が上がるため、酔いにくい体質となっていきます。

薬や有害物質など異物が体内に入り込んでくると、肝臓は身体を守ろうとして薬でも外敵と見なして無害化するために、分解酵素を生産します。

ある特定の薬剤が繰り返し体内に投与され続けると、肝臓もその薬剤を分解する酵素の生産能力が高まります。
そのため、薬剤が分解される速さも上がり、薬の効果が薄まるのも早くなります。

つまり、代謝耐性とはある特定の成分に対して分解能力が上がり、効きにくくなることを指しています。

どのくらいの継続で耐性がつくのか?

どれくらいの期間ミノキシジルを服用し続けると、耐性が身に付くのか?

服用して3,4年頃から効き目を感じなくなったという人もいれば、5年以上服用し続けても耐性が付かないと言う人もいます。

個人差による所が大きいのですが、服用して数か月で耐性がつくということはないようですので、ミノキシジルの耐性は数年単位で身に付いていくと捉えておくと良さそうです。

↑目次に戻る

外用薬、内服薬どちらが耐性が付きやすいのか?

ミノキシジルは前述したように、リアップを始めとした外用薬、ミノタブのような内服薬の2種類があります。
頭皮に直接塗布する場合と内服する場合で、どちらが薬剤耐性が身に付きやすいのか?

これに対して詳細な結果は出ていませんが、薬剤耐性に関する記述を調べると、ミノタブに関する情報が多くみられることから、外用薬よりも内服薬の方が薬剤耐性は身に付きやすいと言えそうです。

また、副作用についても外用薬より内服薬の方が出やすい、という統計が出ています。

外用薬は頭皮に直接塗布しますので、ミノキシジルに晒される部分は頭皮のみとなります。
ですが、内服薬は服用後、消化吸収されて血液に乗って全身を駆け巡ってから頭皮に到達するため、全身がミノキシジルに晒されます。

つまり、ミノキシジルの外用薬と内服薬を比べた時にミノキシジルに全身が晒される分、内服薬の方が薬剤の影響が出やすく、身体も耐性を備えやすいと考えられそうです。

ミノキシジルの耐性は正確なことはわかっていない

ミノキシジル ミノキシジルの耐性は正確なことはわかっていない

ミノキシジルの薬剤耐性については統計が取られておらず、詳細はほとんど不明です。
そのため、ミノキシジルを服用していて効果が現れにくくなったとしても、耐性が付いたと結論付けるのは早計となります。

フィナステリドについても同様で、フィナステリド服用中でも脱毛などの症状が目立ってくることがあります。
初期脱毛の可能性も疑われますが、フィナステリドの耐性が付いたわけでもなく、実際の原因は男性ホルモン量の増加や睡眠不足の影響、生え代わりのサイクルで一時的に脱毛が目立ったといったことによるものがほとんどです。

↑目次に戻る

耐性ができたときの対策

ミノキシジル 耐性ができたときの対策

ミノキシジルの耐性が付いてきてしまった場合、どのような対処方法があるでしょうか?いくつか対策をご紹介します。

服用を一時的に中断する

ミノキシジルの耐性が付いてきたときにまず行うことは、ミノキシジルの使用の中断です。
中断する目安となる期間は、数か月から半年程度です。

ただし期間は個人差がありますので、ミノキシジルを処方している医師と相談しながら中断期間を見ていく必要があります。

ミノキシジルの中断期間を設けると、体内に留まっていたミノキシジルが徐々に体外に排出されますので、再度服用した際に効果を元のように効果を発揮するようになります。

服用する量を減らす

これまで服用していた薬を一時的にでも中断することで、症状が再び進行する懸念もあります。
したがって、備わってきた耐性が弱まることを狙いつつ、症状の進行も抑える目的で服用する量を減らす方法もあります。

減らす量については担当の医師と相談しながら決めますので、自己判断で勝手に減らすことだけはやめましょう。

服用を再開する時も摂取量は守る

ミノキシジルの中断期間が終了したら、服用を再開するかどうか、治療方針に関して医師と相談をします。

基本的にミノキシジル服用を再開することとなりますが、服用する量は医師と相談して決めた量を必ず守るようにしましょう。

治療を再開するので、はやる気持ちがあるかもしれませんが、身体への負担や副作用の懸念があります。
ですから、自己診断で服用する量を変更することがないようにしましょう。

↑目次に戻る

リバウンドは致し方ない

ミノキシジル リバウンドは致し方ない

ミノキシジルは発毛を促す効果が非常に強力ですので、反面服用をやめてしまうと服用前の状態にすぐに戻ってしまう可能性もあります。

ミノキシジルを中断している最中は仕方ありませんので、医師と相談して他の薬やサプリメントにより、抜け毛をできるだけ減らす施策をとっていくこととなります。

【注意】耐性が出来たからといってむやみな増量は危険

ミノキシジル 【注意】耐性が出来たからといってむやみな増量は危険

薬が効きにくくなったと感じて、自己診断で服用する量を増やすことは御法度です!

服用する量は、患者さん1人1人の体調や体質、症状を鑑みて決められています。

したがって、服用を中断することで身体への害は減るとしても、増やせばその分身体への負担は増えますし、副作用が起こる可能性も上がります。

自分で量を調整するのではなく、必ず医師に相談しましょう!

↑目次に戻る

ミノキシジルの断絶期間中はチャップアップを使って現状維持に努めよう!

ミノキシジル ミノキシジルの断絶期間中はチャップアップを使って現状維持に努めよう!

意を決して薄毛治療を始めたにも関わらず、ミノキシジルの使用を中断せざるを得なくなっては、歯がゆい思いに駆られてしまうかもしれません。

ミノキシジルを中断している最中は一体何をすれば良いのか?
基本的には担当医師と相談して、治療方針を決めて経過観察を行うことになります。

もし、自分で何か抜け毛や薄毛対策を行いたい場合は、育毛剤のチャップアップの使用をおすすめします!

チャップアップは83種類の天然成分を配合した無添加・無香料の医薬部外品の育毛剤で、非常に人気のある育毛剤です。

ミノキシジルやフィナステリドと言った治療薬は配合されておりませんので、治療薬の服用を中断している最中でも安心して利用できます!

チャップアップ育毛ローション

チャップアップ育毛ローション

7,400円

  • 100%無添加・無香料
  • 業界最多83種類の成分配合
  • 全額返金保証!保証書付き
サイトで購入

↑目次に戻る

総括

ミノキシジル 総括

本記事の中でも重要な事項をまとめました。

  • ミノキシジルやフィナステリドなど、AGA治療薬で耐性が付くことがある
  • 耐性には組織耐性と代謝耐性がある
  • ミノキシジルの耐性は、正確なことはわかっていない
  • 耐性ができた時は、服用の一時中断または処方量を減らす
  • 服用の中断でリバウンドは起こることがある
  • 耐性が出来たからといって、むやみな増量は危険
  • ミノキシジルの断絶期間中は、チャップアップを使用する

最終更新日: 2018-12-13

タグ:
ミノキシジルタブレット(ミノタブ) ミノキシジル

記事に関するお問い合わせ

PR
フィンジア
PR
BUBKA ZERO(ブブカ ゼロ)

「ミノキシジル」に関する記事

ミノキシジルについてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

発毛剤リグロEX5を徹底解説! 効果や副作用、体験談から既存商品との比較まで!
発毛剤リグロEX5を徹底解説! 効果や副作用、体験談から既存商品との比較まで!
【価格比較】ミノキシジルの購入法を総まとめ!お得なのは通販?クリニック?
【価格比較】ミノキシジルの購入法を総まとめ!お得なのは通販?クリニック?
ミノキシジルの副作用でむくみが発生!自然に治る?原因と対策方法まとめ
ミノキシジルの副作用でむくみが発生!自然に治る?原因と対策方法まとめ
【体験談あり】ミノキシジルは女性にも効果ある?効果と副作用徹底まとめ
【体験談あり】ミノキシジルは女性にも効果ある?効果と副作用徹底まとめ
【体験談あり】ミノキシジルは髭(ひげ)にも効果あり!本当に髭に使っていい?
【体験談あり】ミノキシジルは髭(ひげ)にも効果あり!本当に髭に使っていい?

「AGA・若ハゲ」に関する記事

AGA・若ハゲの記事は他にも多数!

DHT(ジヒドロテストステロン)がハゲを進行させる!抑制法を徹底解説!
DHT(ジヒドロテストステロン)がハゲを進行させる!抑制法を徹底解説!
薄毛を引き起こす「5αリダクターゼ」って何!?食べ物や育毛剤での抑制が効果的!
薄毛を引き起こす「5αリダクターゼ」って何!?食べ物や育毛剤での抑制が効果的!
正しい薄毛対策法を完全まとめ!押さえるべき7つの要点とは?
正しい薄毛対策法を完全まとめ!押さえるべき7つの要点とは?
【画像付き】若ハゲでも似合う!薄毛タイプ別カッコイイ髪型21選
【画像付き】若ハゲでも似合う!薄毛タイプ別カッコイイ髪型21選
【画像あり】ハゲには短髪が似合う!おすすめの髪型15選
【画像あり】ハゲには短髪が似合う!おすすめの髪型15選

「ミノキシジル」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

PR
AGAスキンクリニック

ミノキシジルの人気の記事

「ミノキシジル」で人気の記事を集めました

人気の記事

ハゲ治療ゼミで人気の記事を集めました

キャピキシル系で最もおすすめなスカルプエッセンス

フィンジアはキャピキシル系で最もおすすめのスカルプエッセンスです!


人気のキーワード

今ハゲ治療ゼミで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。