1. ハゲ・薄毛 治療 >
  2. 育毛剤・発毛剤 >
  3. 発毛剤 >
  4. プロペシア >
  5. 【体験談あり】プロペシアの副作用と発生確率まとめ

【体験談あり】プロペシアの副作用と発生確率まとめ

この記事ではプロペシアの副作用並びに、長期で服用する際に副作用の確率がどれほどあり、身体に影響していくのかをご紹介します。

プロペシアによる副作用と発生する確率

プロペシア プロペシアによる副作用と発生する確率

どんな薬にも副作用はあり、プロペシアもその対象です。
そこでここでは、プロペシアが引き起こす副作用と発症率を含め、様々な副作用をご紹介します。

下記の表は、その副作用の種類と発症率をまとめました。

【種類/頻度】 頻度不明 1~5%未満 1%未満
過敏症 ・発疹
・血管浮腫
生殖器 ・睾丸痛
・男性不妊症
・精液の質低下
・リビドー減退 性欲減退
肝臓 ・AST(GOT)上昇
・ALT(GPT)上昇
・γ-GTP上 昇
その他 ・乳房圧痛
・乳房肥大
・抑うつ症状
・めまい

※更に詳しい情報を知りたい方は、下記をクリックして御覧ください!

>> プロペシアの副作用

性欲減退

「性欲の減退や男性機能の低下(ED)」と言われている副作用の1つです。

  • 性行為の途中になえてしまう
  • 勃起するまでに時間がかかってしまうようになった
  • 精液の減少により、満足のいく性行為が出来なくなってしまった

この症状は、全ての男性が経験するわけではありません。
発症率は1%未満の割合ですので、軽度な副作用とも言われています。

勃起不全に関しては年齢もありますが確かに勃起時の膨張率は悪くなると思いますが、性欲減退は服用を停止すると基本戻ります。
勃起力に関しては若い時ほどなくなっていますが、機能はしています。

肝機能の障害

プロペシア 肝機能の障害

【肝臓の働き】
食べ物から得られた脂肪やタンパク質、糖分などをエネルギーとして使える状態に変化させ、一時的に蓄えていきます。

ただし、肝臓の働きが弱いとなると、プロペシアなどの発毛成分がやってきた時、きちんと分解できずに排泄させるまで至らない、胃痛や体のむくみ等が目立つようになる、という良くない状況に陥りかねないです。
アルコールや薬の成分の他、肝臓には毒気のあるものを解毒する役割も果たします。
それから、「胆汁」という消化液も生成します。

これらの副作用に加えてフィナステリド症候群を発症する男性がいることが分かり、服用をやめてから数週間から数ヵ月後にホルモンバランスが崩れて性腺機能が低下するのが大きな特徴です。
ただ、自然発生頻度はかなり低いと言われているので、頭の片隅に置いておくくらいで大丈夫と言われています。

頭痛

プロペシア 頭痛

育毛剤の説明書には、副作用として頭痛が引き起こされる可能性があると記載されています。
一般的には、肌に直接塗布したことが原因で頭痛や偏頭痛が生じていると考えるのが普通です。

個人差があるので一概には説明できないものの、プロペシアを服用して副作用が引き起こされる確率は現時点では0.7%と非常に低くなっており、1日に1錠という目安摂取量を守っていれば更にその数値は下がります。

うつも副作用

プロペシア うつも副作用

だるさやイライラが増してしまうのには順番があります。

  • 酵素を妨害する
  • 男性ホルモンの量を減らす
  • 抜け毛が減るといったメカニズムになります。

この男性ホルモンの量が減ることにより、ホルモンバランスがくずれ、筋肉やタンパク質を作る働きが鈍くなります。
これがだるさやストレス、怠惰感の一つの要因と言われていますが、その他にもプロペシアはうつ病を抑制する神経活性ステロイドを抑制してしまう働きがあるため、うつ病を発生させてしまう可能性もあります。

初期脱毛

プロペシア 初期脱毛

毛母細胞が急激に活発化すると、休止期に入っていた髪の毛は、通常より早く成長期に入っていきます。
そのため、もともと生えていた古い髪の毛が、成長してきた新しい髪の毛に押し出されるような形になって抜けてしまいます。
これが初期脱毛と呼ばれているものです。

発生頻度は、30~40人に1人前後です。
1日20~50本程度の脱毛の増加が1~2ヶ月間起こり、その後脱毛は止まり毛髪が増加しますので、一時的に髪の毛が抜けても気にしなくても大丈夫です。

乳房肥大

プロペシア 乳房肥大

人間の体内には女性ホルモンと男性ホルモンがありますが、
女性ホルモンの働きが男性ホルモン以上に強くなると、胸の乳房が肥大してしまう女性化になる事があります。
元から男性ホルモンが強いからという理由でプロペシアを使っても、乳房が肥大してしまう事は十分考えられます。

  • 女性化乳房になるのは服用2~3年たってから
  • 胸が出ると同時に痛みがあった
  • 服用を中断するとしばらくして元に戻った
  • ハゲで有名な元知事も女性化乳房の影響でプロペシアをやめた

フィナステリドは継続して飲むことでその作用を維持できる薬ですので、服用をやめると元に戻るみたいです。
女性化乳房した方の一人は、プロペシアの服用を2日に1回や3日に一回などの減薬をすることで症状が回復したと言っています。

心臓の動悸

プロペシア 心臓の動悸

現在では世界中で薄毛・抜け毛治療に使われているプロペシアですが、中には心臓に負担がかかる副作用があります。
その主な原因としては、腎臓の弱い人にあります。

  • 腎臓の弱い人が薄毛対策にプロペシアを飲む
  • 腎臓が不要物のプロペシアを処理しきれない
  • 不要物により血液量が増えて高血圧になる
  • 心臓が心筋を肥大化させないと血液を処理しきれなくなる
  • 心筋肥大化により動悸や不整脈が起こる

プロペシアは、心臓血管系への副作用が起こりにくいとされています。
また、プロペシアはDHTを制御することによって、逆に動脈硬化を予防できる可能性があります。
もし、動悸が激しく、日中だるい状態が長く続くようでしたら、他の病気の可能性を考えて、専門医を受信されることをオススメします。

↑目次に戻る

プロペシアの長期服用による怖い影響と生活の改善

プロペシア プロペシアの長期服用による怖い影響と生活の改善

プロペシアは、前立腺を小さくする作用があるため前立腺肥大症の適応があります。
(日本では適応がありません)。
「プロペシアは悪性度の低い前立腺がんは予防したが、悪性度の高い前立腺がんはプロペシアを飲んだ人のほうが多かったとプラスにもマイナスにも働くと考えられます。
けれども、どちらにしてもその作用がきわめて弱いから、生存率に差は見られなかった。
」とFDAで発表されていました。

結果、明確な答えは出ていません。
プロペシアが悪性度の高い前立腺癌リスクを高め、死亡の真の増加原因かもしれないという懸念だけを残してしまったように感じます。

宮迫さんも実際に薄毛治療をしている期間内で、胃がんになったケースがあります。
しかし、その原因がどこからきたのかは明確に結論は出ていません。
プロペシアに発がん性があるのではなく、男性ホルモンの恩恵によって、胃ガンのリスクを軽減されていたハズが、抑制することで通常確率になったことで発生したとも考えられます。

眠気の襲来

プロペシア 眠気の襲来

プロペシアを服用して眠気で悩まされている男性は多く、引き起こされる副作用の一つとなっています。
なぜ、眠気が起こってしまうのかというと・・・・。

◎肝臓への負担

  • 薬は服用すると肝臓で代謝されるため、少なからず肝臓に負担をかけます。
  • こうした肝臓への負担で、一時的にだるさからくる眠気を感じる人がいるようです。
    この場合、薬に体が慣れると感じなくなる人が多いようです。

男性も同様にプロペシアを使用することで、現状の男性ホルモンのバランスが変化した場合、疲労感を感じる可能性があります。

そして疲労感により眠気が増加することが考えられるそうです。

◎ホルモンバランスの変化

  • プロペシアには、5αリダクターゼII型を抑制する作用があります。
  • 男性の薄毛には男性ホルモンの作用が深く関わっており、これがプロペシアがAGAに効果が期待できると言われる理由の一つです。

しかし、その効果の裏にはフィナステリド症候群という病気を発症する男性がいることが判明されています。
これは、服用をやめてから数週間から数ヵ月後に抑制していた男性ホルモンバランスが崩れていき、様々な副作用に繋がってしまうと言われています。

そのためプロペシア服用開始当初は、DHT濃度が極端に低くなって、直ちにフィードバックがかかり、テストステロンの産生量が増えることがあります。
男性ホルモンの代謝に関しては未知の事柄もあるので、服用を継続する場合は主治医にしっかり相談するようにしましょう!

アレルギー注意報!

プロペシア アレルギー注意報!

プロペシアの中にアレルゲンとなる成分が含まれている場合、アレルギー症状が引き起こされる可能性があるということで服用してはいけないと考えられております。

プロペシアの中に含まれている成分が身体に合わないことで引き起こされる症状として、蕁麻疹や痒みといった肌に生じる影響が代表的で、今までに医薬品の服用でアレルギー症状が生じた方はプロペシアでも同じ状態になる可能性があります。

飲むと太りやすくなる!?

プロペシア 飲むと太りやすくなる!?

男性ホルモンには筋力や筋肉を増やすのに必要なもののため、プロペシアを飲むことで男性ホルモンの過剰な働きは抑制されますが、基礎代謝も低下するので、それまでよりも太るもしくは太りやすくなる可能性は考えられます。

ホルモンは身体の中で様々な働きをしていて、人間の健康や精神状態今で様々な変化を及ぼします。
その分泌のバランスが崩れてしまうと、人間の身体には様々な影響が出ると言われていて、特に女性に多い更年期障害などもホルモンバランスが崩れてしまうために起こってしまう症状です。
実際に体験された方の話だと、太りやくなったというより、痩せづらくなって太った状態が維持されているとのことでした。

プロペシアと緑内障の関係

プロペシア プロペシアと緑内障の関係

視神経に異常が引き起こされて目で見た情報が脳に上手く伝わらず、視力に障害が引き起こされる病気を緑内障と呼びます。

緑内障眼圧抑制は、「プロスタグランジン、交感神経系に作用する薬、酵素阻害薬」のいずれか、またはこれらの合剤があります。
プロペシアは、テストステロンをジビドロテストステロンに変換する酵素の阻害剤です。
上記の眼圧降下の薬のいずれにも影響しない上に、眼圧を上昇させる作用もありません。

また、眼科領域への副作用も報告されていません。

プロペシアによって免疫力が低下!?

プロペシア プロペシアによって免疫力が低下!?

プロペシアの服用によって免疫力低下が引き起こされるのではないかと不安を抱えている方がいらっしゃいます。

確かに、安全性の高い薬とはいっても、プロペシアが医薬品ということには変わりないため、免疫力低下のようなデメリットがないかどうか服用していくに当たって不安を抱くはずです。

しかし、基本的にプロペシアの服用が引き金となって、免疫力低下を引き起こすことはありません。
腎臓が弱くない方であれば、影響が起きることはまずありません。

体内機能を衰えさせるような成分はプロペシアの中には含まれておりませんし、「風邪を引きやすくなった」「アレルギー症状が悪化した」というような報告は少なくなっております。

プロペシアの効果的な摂取量と種類

プロペシア プロペシアの効果的な摂取量と種類

プロペシアは、1日の摂取量として1mgがベースとされていて、中には0.2mgで摂取する分のプロペシアも国内で処方されています。
価格等を一番に考える方でしたら病院ではなく、安くて副作用の少ない個人輸入のプロペシア0.2mgを選んだら無難だと思うでしょう。
しかし、安価に手に入れられる個人輸入を利用する場合を含め、様々なリスクがあります。

【主なリスク】

  • 「フィナステリド」の配合有無が確かではない
  • 日本で認可のおりていない成分が含まれている可能性があり、安全性が保障されていない
  • 診察がないため、他の疾患で服用中の薬がある場合の飲み合わせなどを考慮されない
  • 診断による処方ではないため、症状に対して適した薬か判断できない
  • 0.2mgの場合、1日の摂取量に届かないため、効果に期待できない

【ポストフィナステリド症候群】プロペシアの後遺症

プロペシア 【ポストフィナステリド症候群】プロペシアの後遺症

プロペシア(フィナステリド)の服用をやめたにもかかわらず、副作用の症状が改善しないケースがあり、これをポストフィナステリド症候群と呼びます。

日本では薬の注意書きに勃起機能不全、射精障害、性欲減退の3つについて、投与中止後も「持続したとの報告がある」と付け加えてあります。

↑目次に戻る

こんな方法はNG!

プロペシア こんな方法はNG!

ここでは、プロペシアを長期服用する際に気をつけるべきアルコール摂取禁止事項、女性のプロペシア摂取禁止事項を主体に紹介していきます。

アルコール摂取はNG!

プロペシア アルコール摂取はNG!

アルコールは肝臓によって分解されるため、お酒の飲み過ぎると肝臓に負担をかけてしまいますが、実はプロペシアなどの医薬品も肝臓で分解されています。
お酒を飲むと、プロぺシアとアルコールの両方を処理しなくてはいけないので、肝臓に大きな負担をかけてしまいます。

プロペシアには、もともと肝機能障害を起こすリスクもあるため、アルコールとの同時摂取によって、肝機能障害の発症のリスクが高くなってしまいますので、治療中のアルコールは禁忌とされています。

女性は絶対にプロペシアを使用してはいけない!

プロペシア 女性は絶対にプロペシアを使用してはいけない!

結論を言うと、おなかの中の男の子の生殖器に影響を及ぼしてしまいます。
プロペシアの有効成分であるフィナステリドが女性の体内に吸収されると、おなかの中にいる男の子の生殖器官に発達異常を起こし、奇形児の子供を妊娠する可能性があると言われています。
妊娠中の女性は注意が特に必要です。

【その他】プロペシアの服用から1ヶ月間、献血NG!!

プロペシア 【その他】プロペシアの服用から1ヶ月間、献血NG!!

日本赤十字社では、プロペシアを服用している人は、服用を中止してから1ヶ月後以降の献血を指導しています。

なぜなら、女性妊婦に輸血された場合、男子胎児に外性器奇形が発生する危険があるからです。
プロペシアを服用していた人が献血をできるようになるまでには、血液中のフィナステリド成分が完全に消えている必要があります。

そのため、消失期間には約1ヶ月かかるので、服用を中止して1ヶ月経つまでは、献血はできません。

↑目次に戻る

【体験談あり】プロペシアで副作用を経験した体験談

ブログでの体験談

プロペシア ブログでの体験談

プロペシアの副作用って本当に大丈夫なのかという部分を追求したブログ体験談となっています。

>>ブログでの体験談はこちら!

↑目次に戻る

総括

この記事では・・・

  • プロペシアの主な副作用の危険性とその発症率
  • 長期服用による影響とその改善
  • プロペシアの摂取量と薬剤の種類をご紹介してきました。

個人輸入についても、価格は安くて配合がほとんど不明のものがありますし、その際の副作用もどんなものかもわからないものが多数あります。
副作用が心配な方でもまずは専門クリニックに行って自身の髪の毛の状態をしっかり説明、把握することを心がけていきましょう

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック

0円

  • 1カ月4,200円からのリーズナブルな費用が特徴
  • 自らの薄毛に悩んだ医師が開発したオリジナルの治療薬が好評
  • 月1回30分の通院で済む
  • 患者の状態に合わせた適切な処方
  • プライバシーへの配慮が抜群
  • 全国に45院展開、年中無休、10:00〜21:00まで営業
  • 無料カウンセリング実施中
公式ホームページ
AGAヘアクリニック

AGAヘアクリニック

0円

  • 業界では初の無料テレビ電話診察
  • カウンセリング・初診料・再診料は常に無料
  • 治療薬は郵送も可能
  • 料金体系が明確でお薬代は月5,500円〜最大でも31,000円
  • 無料カウンセリング実施中
公式ホームページ

最終更新日: 2018-02-28

タグ:
プロペシア 発毛剤

記事に関するお問い合わせ

PR
AGAスキンクリニック
PR
チャップアップ

「プロペシア」に関する記事

プロペシアについてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

【徹底解説】プロペシアの本物・偽物の7つの見分け方とは!偽造品には要注意!
【徹底解説】プロペシアの本物・偽物の7つの見分け方とは!偽造品には要注意!
プロペシア・フィナステリドは服用しすぎると耐性ができる?耐性ができた時の対策とは
プロペシア・フィナステリドは服用しすぎると耐性ができる?耐性ができた時の対策とは
【薄毛対策】AGA治療薬フィナステリドの効果・副作用・注意点を徹底まとめ!
【薄毛対策】AGA治療薬フィナステリドの効果・副作用・注意点を徹底まとめ!
【体験談あり】 プロペシアやミノキシジルで体毛は濃くなる?薄くなる?理由まとめ
【体験談あり】 プロペシアやミノキシジルで体毛は濃くなる?薄くなる?理由まとめ
【女性の薄毛対策】女性は使用NG!プロペシア・ザガーロの危険な副作用まとめ
【女性の薄毛対策】女性は使用NG!プロペシア・ザガーロの危険な副作用まとめ

「育毛剤・発毛剤」に関する記事

育毛剤・発毛剤の記事は他にも多数!

薬用ハリモアは薄毛に効果あり!?口コミから分かる真実とは【女性用育毛剤】
薬用ハリモアは薄毛に効果あり!?口コミから分かる真実とは【女性用育毛剤】
【口コミあり】リアップリジェンヌ の効果とは?副作用や価格を徹底調査!
【口コミあり】リアップリジェンヌ の効果とは?副作用や価格を徹底調査!
パントスチンを賢く購入しよう!最安値は通販?個人輸入?それともクリニック!?
パントスチンを賢く購入しよう!最安値は通販?個人輸入?それともクリニック!?
パントガールを安全でお得に購入しよう!値段が安い通販サイトはamazon?楽天?
パントガールを安全でお得に購入しよう!値段が安い通販サイトはamazon?楽天?
【最安値】長春毛精の購入方法とは?激安お試しボトル・安心の解約方法もご紹介!
【最安値】長春毛精の購入方法とは?激安お試しボトル・安心の解約方法もご紹介!

「プロペシア」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

PR
チャップアップ

プロペシアの人気の記事

「プロペシア」で人気の記事を集めました

人気の記事

ハゲ治療ゼミで人気の記事を集めました

キャピキシル系で最もおすすめなスカルプエッセンス

フィンジアはキャピキシル系で最もおすすめのスカルプエッセンスです!


人気のキーワード

今ハゲ治療ゼミで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。