1. ハゲ・薄毛 治療 >
  2. AGA・若ハゲ >
  3. AGA(男性型脱毛症) >
  4. AGAとは?原因や進行パターンをご紹介!

AGAとは?原因や進行パターンをご紹介!

薄毛について調べていると、よく出てくる「AGA」。そもそもAGAとは一体何なのでしょうか?AGAとは「男性脱毛症」のことで、薄毛男性のほとんどがこのAGAといわれています。そこで今回は、AGAの原因や進行パターンについてご紹介します。

そもそもAGAって何?

AGAとは?

AGA(エージーエー)とは、「Androgenetic Alopecia」を略したもので、「男性型脱毛症」を意味します。

薄毛で悩む成人男性のほとんどが、このAGAといわれています。
初期症状としては抜け毛が増えるようになります。
そして、頭頂部や額の生え際の” 片方”もしくは”両方”が薄くなっていきます。

成人男性の3人に1人がAGA

AGAは日本で1,260万人いるといわれています。
これは、20~69歳の成人男性の3人に1人に相当します。
また、その中で、薄毛を認識している人は800万人、薄毛対策をしている人は650万人といわれています。

AGAの進行パターン

AGA(男性型脱毛症) AGAの進行パターン
出典:www.aga-news.jp

AGAの進行パターンは人によってさまざまです。
中でも多いのが以下の3つのパターンです。

① 頭頂部から徐々に薄くなるタイプ
② 額の生え際から後退していくM字タイプ
③ ①と②の混合タイプ

↑目次に戻る

AGAの原因

髪の毛には「寿命」があるのをご存知でしたか?髪の毛は一度生えたら、ずっと生え続けるわけではありません。
伸びて成長しきったら抜ける、そして再び新しい毛が生える、という「ヘアサイクル」があるのです。

AGAの方の薄毛部分には、男性ホルモンの一種である、DHT(ジヒドロテストステロン)が多く分泌されていることがわかっています。
これが正常なヘアサイクルを乱して、髪の成長をストップさせる原因と考えられています。

本来成長するはずだった髪が長く太くなる前に抜けてしまい、髪の毛1本1本が十分に育たないので、その結果、髪が薄くなっていきます。

薄毛になる人の多くは、いきなり髪が薄くなるわけではありません。
髪の成長が止まり、髪が細くなったり、髪が短くなる段階を経て、徐々にはげていくのです。

↑目次に戻る

AGAは早めの対策が効果的

AGA(男性型脱毛症) AGAは早めの対策が効果的

AGAは進行型といわれています。
薄毛進行のスピードには個人差がありますが、一度薄毛が始まると、徐々に進行していくケースがほとんどです。

しかし、AGAの原因は、男性ホルモンの一種である、DHT(ジヒドロテストステロン)の過剰分泌ということが分かっているので、育毛剤や内服薬で対策をとることは十分可能です。
これらは抜け毛を減らすだけでなく、髪の成長を促進させる効果を持つものもあるので、一度試してみることを推奨します。

薄毛が始まってから、ケアなどの対策を何もせずに放っておくと、抜け毛は増え続け、最終的にはげ上がってしまう可能性も少なくありません。

AGAの心当たりのある方は早めの対策を心がけましょう。

最終更新日: 2018-01-06

タグ:
AGA・若ハゲの原因 AGA(男性型脱毛症)

記事に関するお問い合わせ

PR
AGAスキンクリニック
PR
チャップアップ
PR
AGAスキンクリニック

人気の記事

ハゲ治療ゼミで人気の記事を集めました

キャピキシル系で最もおすすめなスカルプエッセンス

フィンジアはキャピキシル系で最もおすすめのスカルプエッセンスです!


人気のキーワード

今ハゲ治療ゼミで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。