1. ハゲ・薄毛 治療 >
  2. 女性の薄毛・抜け毛 >
  3. 薄毛治療薬 >
  4. 【もう悩まない】女性向けの薄毛治療薬を完全解説!~効果・副作用まとめ~

【もう悩まない】女性向けの薄毛治療薬を完全解説!~効果・副作用まとめ~

育毛剤シャンプーと同じように、薄毛治療薬にも女性向けのものが存在します。 今回は、女性向け薄毛治療薬にはどんな種類のものがあるのか、また薄毛治療薬の効果についても解説します!

そもそも薄毛治療薬とは?

薄毛治療薬 そもそも薄毛治療薬とは?

そもそも薄毛治療薬とは、どのようなものでしょうか?
薄毛治療薬は、名前の通り薄毛の治療に用いられる薬のことを言います。

厚生労働省の認可があり、薄毛治療を目的とした効果や効能を明確に記載できるのが「医薬品」と呼ばれるものです。

効果が大きい分、副作用に注意する必要もあります。

薄毛治療薬は、この「医薬品」に該当するもので、明確な薄毛治療の効果が期待できるものです。
発毛剤も医薬品に該当します。

育毛剤との違いは、育毛剤は「医薬部外品」に該当するというところです。

「医薬部外品」は、厚生労働省が許可した有効成分が、一定の濃度含まれているもののことを言います。
薄毛の治療効果は、医薬品と比べると低いですが、商品に効果を記載することは可能です。

厚生労働省の認可がなく、主に髪の毛や肌を美化したり、清潔さを保つことが目的のものを「化粧品」と言います。
治療効果があるという記載は、商品にはできません。

抜け毛の原因に合わせた治療が重要

薄毛治療薬 抜け毛の原因に合わせた治療が重要

女性の薄毛と言えば、びまん性脱毛症が有名です。
、FAGA(女性男性型脱毛症)とも言われ、髪の毛一面のボリュームが薄くなる症状のことを言います。
ホルモンバランスの乱れや、ストレスなどによって頭皮環境を悪くしてしまうことが症状の原因です。

ただし、女性の薄毛の原因はこれ以外にもたくさんあります。
薄毛治療薬を選ぶ前に、自分の薄毛の原因は何なのか、まずは明確にさせる必要があります。

自分の原因に合った治療薬を正しく投与して、初めて薄毛治療薬がしっかりと機能するのです。
女性の薄毛の症状について詳しく知りたいという方は、以下のページを参考にしてください。

↑目次に戻る

女性向け治療薬の効果とメカニズムを解説!

それではここからは、製品によって異なる女性向け治療薬の効果とメカニズムを紹介していきます。
女性向け治療薬の種類や安全性、副作用などについても紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

パントガール

薄毛治療薬 パントガール
出典:wove.jp

パントガールは、びまん性脱毛症、分娩後脱毛症による抜け毛の改善を行うための薄毛治療薬で、女性の薄毛の医薬品として世界で初めて認められた内服薬です。

ビタミンB1で頭皮の健康を維持し、髪を構成するタンパク質であるケラチンも豊富に含んでいます。
パントテン酸カルシウムとパラアミノ安息香酸の作用により、白髪になりかかっている髪を黒くする働きもあります。

パントガールが登場するまで、女性が薄毛治療を行うには外用薬か頭皮への治療しか方法がなく、非常に女性の薄毛治療がしやすくなったきっかけの製品でもあります。

パントガールの臨床試験では、3ヶ月以上使用された方の70%で抜け毛の症状が緩和し、20%の方はほぼ抜け毛がない状態にまで回復しました。
医薬品ながら副作用の報告もなく、非常に安全性が高い薄毛治療薬として、多くの女性に愛用され続けています。

こんな人にオススメ

  • びまん性脱毛症に悩んでいる方
  • 分娩後脱毛症、産後脱毛症に悩んでいる方
  • 抜け毛が多く、薄毛が気になる方
  • 髪の毛のボリュームが減ってきたと感じる方
  • 信頼性の高い内服薬を使用したい方

パントスチン

薄毛治療薬 パントスチン

パントスチンにはアルファトラジオールという有効成分が配合されており、抜け毛の原因であるDHTを抑制する外用薬です。
女性のFAGAだけでなく男性のAGAにも使用可能で、プロペシアと比べるとDHTの抑制効果が少しマイルドな医薬品となっています。

抜け毛を抑え、育毛剤との併用で発毛を促すことで、相乗効果が得られるところも人気の理由です。

アルコールが成分として含まれているため、頭皮の炎症やかゆみなどの副作用は稀に報告されていますが、それ以外の副作用は報告されていません。

こんな人にオススメ

  • FAGAに悩んでいる方
  • 40代以降で薄毛が進行してきた方
  • ホルモンバランスが乱れがちな方
  • 副作用が少ない薄毛治療薬を使用したい方
  • 外用薬を使用したい方

ミノキシジル

薄毛治療薬 ミノキシジル

ミノキシジルは、発毛促進効果が世界に認められた成分です!

血管拡張作用のある成分で、元々は高血圧症の治療に使用されていました。
ところが、高血圧治療でミノキシジルを服用した方の多くに、髪の毛が増えたり濃くなったりする「多毛症」の症状が出ました。
そこから、薄毛治療にも効果があるのではないかと注目され、研究を重ねて薄毛治療薬として使用されています。

血液からの栄養を受け取る毛母細胞が、血流が良くなることによって活性化されます。
栄養が髪に行きわたりやすくなる役割を担うのが最大の特徴です!

ミノキシジルをクリニックで処方される場合、各クリニックのオリジナル治療薬の主成分として含まれている場合が多いです。
ミノキシジル配合の薄毛治療薬にはどんなものがあるのか、紹介していきます。

ミノタブ

ミノタブは、「ミノキシジルタブレット」の略で、非常に発毛効果が高い内服薬です。
ただし、厚生労働省に認可されている「医薬品」としてのミノキシジルは、外用薬のみとなっています。
従って、内服薬のミノタブは医薬品としては認められていません。

またミノタブは、AGAの治療薬として男性に対して処方されることが多いので、女性には処方していないクリニックも多いです。

リアップリジェンヌ

リアップリジェンヌは、ミノキシジル配合の外用薬で、女性用の薄毛治療薬として人気の製品です。
20代後半~40代にかけての、少しずつ女性ホルモンが減り始める頃に起こる薄毛を指す壮年性脱毛症を予防してくれる医薬品として、多くの通販サイトでも販売されています。

またリアップジェンヌは、発毛効果を厚生労働省に認められた数少ない「発毛剤」でもあり、男性用のリアップも同様に安全性が非常に高いです。
頭皮の刺激感やかぶれなど、副作用が起こる可能性は少なくありませんが、軽度なものがほとんどです。

女性用ロゲイン

ロゲインは、1980年に販売を開始された育毛剤の外用薬です。
女性向けに調整された「女性用ロゲイン」も登場しています。
ロゲインを販売している「ファイザー製薬」は、世界的に販売実績のある企業で、製品の安全性は極めて高いと言えます。

壮年性脱毛症などに効果的なミノキシジル配合の薄毛治療薬として、クリニック以外にも個人輸入代行サイトであるオオサカ堂などで販売されています。

頭皮がかゆくなったり、フケが出やすくなったりという声が利用者からたびたび出ています。
もしそのような症状が多い場合は、なるべく早く使用を中止するようにしてください。

こんな人にオススメ

  • 世界中で認められた成分を体験したい方
  • 様々な種類の薄毛治療薬から選択したい方
  • 様々な購入方法から選択したい方
  • FAGAに悩んでいる方
  • 壮年性脱毛症に悩んでいる方
  • 副作用が少ない製品を使用したい方

↑目次に戻る

【注意】女性が使用できない薄毛治療薬

薄毛治療薬 【注意】女性が使用できない薄毛治療薬

薄毛治療薬の中には、女性が使用できないものも存在します。

プロペシアはミノキシジル同様、非常に薄毛治療によく用いられる治療薬の1つです。
しかし、プロペシアにはフィナステリドという男性ホルモンに作用すると言われる成分が含まれています。
男性ホルモンの働きを抑えることにより、女性のホルモンバランスが崩れ、かえって薄毛が進行してしまう恐れがあります。

ザガーロもミノキシジルやプロペシアと同じく、非常に高い発毛効果がある薄毛治療薬です。
しかしザガーロを使用した女性からは、鬱や皮膚疾患、肝機能障害などさまざまな副作用が報告されています。

また妊娠されている女性の使用は厳禁で、胎児の生殖器障害に繋がる可能性を高めてしまうという報告もあります。

プロペシアとザガーロの詳しい情報は、以下のページを参考にしてください。

↑目次に戻る

薄毛治療薬の購入方法・価格まとめ!

薄毛治療薬 薄毛治療薬の購入方法価格まとめ!

薄毛治療薬のクリニックでの処方価格、通販で購入する場合の価格を一覧表にしました。

クリニックでの処方価格(1ヶ月あたり) 通販での購入価格(1ヶ月あたり)
パントガール 東京ビューティ―クリニック:8,000円(初回7,000円) オオサカ堂:6,342円
パントスチン 聖心美容クリニック:11,880円 オオサカ堂:5,469円
ミノタブ(5mg) ユナイテッドクリニック:11,200円 オオサカ堂:2,988円
リアップジェンヌ 聖心美容クリニック:5,832円 Amazon:4,869円
女性用ロゲイン 湘南美容クリニック:5,832円(ロゲイン5%) オオサカ堂:5,730円(2本+スポイト付き)

クリニックの処方価格と、通販サイトの価格を比較してみた結果、すべての薄毛治療薬が通販サイトで購入する方が安いということが分かりました。

女性用ロゲインはクリニックで処方されていないため、男性用の5%ロゲインの価格と、通販サイトで販売されているリアップジェンヌの価格を比較しました。

またミノタブは、クリニックで女性向けの治療薬として処方されることはほとんどなく、ほとんどがクリニックオリジナルの治療薬に含まれています。

おすすめは専門クリニックでの処方

薄毛治療薬 おすすめは専門クリニックでの処方

価格は個人輸入代行サイト、通販サイトで購入する方が安いですが、やはり薄毛治療薬は専門クリニックでの処方をおすすめします。

クリニックでは医師の診断の下で薄毛治療ができるため、本当に自分に必要な対策ができますし、思わぬ事態にも適切に対処してもらえます。

また専門クリニックは処方されている薬の種類が多く、症例数も非常に多いです。
そのため、少し価格が通販より高くても、確実な薄毛治療を行うことができます。

皮膚科や一般の病院でも薄毛治療に対応してくれるところはありますが、基本的に薄毛治療専門の医師がいないことが多いので、専門クリニックを受診するのが無難でしょう。

個人輸入代行サイトは、製品が偽物であるかもしれないリスクが高い上に、薄毛治療に関する相談をする相手もいません。

また専門クリニックは、多くのオリジナル治療薬を採用し、処方しています。
通常の治療薬では補えない成分も配合されており、より高い効果が期待できます。

イチ押しは女性用発毛薬リバースレディ

薄毛治療薬 イチ押しは女性用発毛薬リバースレディ

イチ押しのオリジナル治療薬は、東京ビューティ―クリニックによって処方されている「リバースレディ」です。

リバースレディは、ホルモンバランスの乱れを整え、薄毛を改善してくれます。

タブレットタイプの内服薬、リキッドタイプの外用薬が準備されており、身体の外側と内側から有効成分が働きかけることによって、より効率的な発毛促進を実現しています。

抜け毛の原因となるDHTを強く抑制する「スピロノラクトン」という成分が含まれており、もちろんミノキシジルも含まれています。

こちらの東京ビューティークリニックは女性専用の薄毛クリニックなので、症例数も多く安心して通えます。

東京ビューティークリニックを公式HPでチェック

↑目次に戻る

治療薬以外の薄毛治療法を紹介!

薄毛治療薬以外にも、薄毛を治療する方法はあります。
今回は、東京ビューティ―クリニックで行われている治療法を紹介します!
どのような治療効果があるのかについても、簡潔に解説します。

育毛メソセラピー

薄毛治療薬 育毛メソセラピー

女性の薄毛治療の効果を高めるために行われる、最先端技術を使った薄毛治療です。

ミノキシジルや、発毛因子が含まれた液体を頭皮に注射し、女性の乱れたヘアサイクルを正常な状態に戻してくれます。

FAGAメソセラピーの方法は、大きく2種類に分かれます。
「パピュール法」は、薬剤を頭皮の一番外側の皮膚である表皮と、その下の皮膚である真皮の間に注射する方法です。

皮膚の深くまで注射をするため即効性と確実性の高い方法ですが、痛みを強く感じやすいです。
また、麻酔を使用しても痛みを全く感じないとは言い切れないのがデメリットです。

「ナパージュ法」はパピュール法と同じく注射を使った方法ですが、表皮の浅い部分に薬剤を注入するため、痛みがとても少ないのがメリットです。
ただ、注射をする位置が浅いため、即効性ではパピュール法に劣ります。

幹細胞再生治療

幹細胞とは、簡単に言えば「細胞を生み出すための基になる細胞」のことです。

その幹細胞を成長させるために必要な「幹細胞成長因子」を利用して、死滅した頭皮の幹細胞を復活させ、発毛を促すという治療方法です。

ミノキシジルなど、発毛に有効な成分をプラスした独自の液体を頭皮に散布し、より高い発毛効果が期待できる最新の治療です。

自毛植毛

薄毛治療薬 自毛植毛

自分の頭皮から毛髪を採取し、移植した後に薄毛の部分に植毛していくという治療方法です。

東京ビューティークリニックで行われている「スマートグラフト」という自毛植毛は、冷却によって毛髪を新鮮なまま保存するので、植毛後生着しやすく傷跡も目立ちにくい最先端の方法です。

自然な仕上がりで、女性が自分の髪の自信を持てるようなサポートをしてくれます。

レーザー治療

低出力のレーザー治療と、LEDを利用した治療法で、日本での取扱は極めて少ない治療法です。

専用のヘルメットを被り、内側からレーザーとLEDを浴びることによって、頭皮の血流改善、発毛促進が期待できます。

頭皮への負担が少なく、ヘルメットを購入して、毎日自宅で使用することができるホームケア発毛器具です。

治療は怖いという方は自宅で薄毛対策!

薄毛治療に抵抗があるという方は、自宅でできる薄毛対策から始めてみましょう。
また経済的な余裕がないという方も、薄毛対策は始めることができます!

育毛

ミューノアージュ

ミューノアージュ

1,980円

  • 東京ミッドタウン皮膚科形成外科「ノアージュ」の院長が開発
  • 養毛剤と育毛剤、2つの容器に分かれている
  • アルコールフリー
サイトで購入

医師の観点から研究、開発された「ミューノアージュ」という育毛剤がおすすめです。

美容液と育毛剤の2種類を使って、薄毛改善にWアプローチします。

トライアルキットも用意されていますので、1度お試しで使用してから購入することができので非常に便利です。

女性用育毛剤に関する詳しい情報は、こちらのページに記載していますので、参考にしてください。


ミューノアージュを公式サイトでチェック

育毛サプリ

薄毛治療薬 育毛サプリ

女性におすすめの育毛サプリは、薄毛・抜け毛予防をするという点では男性用の育毛サプリと同じです。

しかし女性用の育毛サプリは、「天然由来成分配合」や「肌に優しい」というところをセールスポイントにしている製品が多いです。
女性が育毛サプリを使用するのであれば、どうせなら薄毛・抜け毛予防だけでなく、美肌・美容効果があるものを選択することをおすすめします!

女性におすすめの育毛サプリについての詳しい情報は、こちらのページに載っていますので、ぜひ参考にしてください。

生活習慣の改善

生活習慣の改善は、もっとも簡単に着手できる薄毛対策の1つです。

22時~2時のゴールデンタイムを目安にした睡眠や、食事によるバランスの良い栄養摂取など、「薄毛になりにくい土台」を作るには生活習慣を改善しなくてはいけません。

他にも適度な運度やシャンプーの方法、飲酒やタバコの程度など、見直すポイントはいくつもあり、少しずつ改善することで、育毛に適した頭皮環境に近づくことは可能です。

生活習慣をどこから改善すればよいか分からないという方は、こちらのページを参考にして、自分の生活習慣を見直してみましょう。

↑目次に戻る

総括

薄毛治療薬 総括
  • 薄毛治療薬は厚生労働省の認可を受けた「医薬品」に該当する
  • 育毛剤は薄毛治療薬よりも効果が低いとされる「医薬部外品」に該当する
  • 抜け毛・薄毛の原因を知って、自分の症状に合った治療薬を選ぶことが大事!
  • 女性はパントガール、パントスチン、ミノキシジル、などの薄毛治療薬が使用できる
  • 個人輸入代行サイトは偽物を掴まされるリスクがあり、症状を相談する相手もいないため、AGA専門クリニックでの処方がおすすめ -薄毛治療薬以外にも、FAGAメソセラピー、幹細胞再生治療、自毛植毛などクリニックではさまざまな薄毛治療が受けられる
  • 治療に抵抗がある方は、育毛剤・育毛サプリの使用、生活習慣の改善から着手するべき

冒頭でも解説しましたが、薄毛治療薬は「薬」です。

従って、副作用が起こる心配は、育毛剤や育毛サプリに比べて高いです。

そういう理由を加味しても、やはり個人輸入代行サイトではなく、治療しながら経過を相談できるクリニックで処方してもらうのが最適です!

最終更新日: 2018-03-11

タグ:
FAGA(女性男性型脱毛症) リアップリジェンヌ ミノキシジル パントガール パントスチン 薄毛治療薬 ロゲイン

記事に関するお問い合わせ

PR
フィンジア
PR
チャップアップ
PR
チャップアップ

人気の記事

ハゲ治療ゼミで人気の記事を集めました

キャピキシル系で最もおすすめなスカルプエッセンス

フィンジアはキャピキシル系で最もおすすめのスカルプエッセンスです!


人気のキーワード

今ハゲ治療ゼミで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。