1. ハゲ・薄毛 治療 >
  2. AGA・若ハゲ >
  3. 【女性の若ハゲ】男性よりも悩ましい・・・女性のAGAとは?

【女性の若ハゲ】男性よりも悩ましい・・・女性のAGAとは?

AGA(男性型脱毛症)は、現在日本の成人男性の3人に1人が悩んでいるともいわれている脱毛症です。製薬メーカーのCMなども流れているので、AGAという言葉を耳にしたことがある方は非常に多いのではないでしょうか。しかし、これは少し古い呼び名です。 現在、脱毛症に悩むのは男性だけではありません。今回は女性のAGAについてご紹介します。

AGAは男性だけ?

AGAは男性だけ?
出典:phoenix-hair.com

AGAとは、androgenetic alopeciaの略称であり、androは男性、geneticは遺伝の意味です。

男性ホルモンが大きく影響している脱毛症で、男性ホルモンであるテストステロンが毛根にある毛乳頭に入り込むと、毛根近くの皮脂腺から分泌される5αリダクターゼ酵素により、薄毛の原因となるジヒドロテストステロンへと変換されることで発症します。
男性ホルモンが毛乳頭に入り込むか否かは、男性ホルモンを受け入れるレセプター(受容体)を持っているかどうかにより、この有無は遺伝によるものと考えられています。

このAGAですが、女性でも発症することがあります。
そのため、最近ではPHL(pattern hair loss)という呼称が使われるようになっています。
男性の場合はMPHL(male pattern hair loss)、女性の場合はFPHL(female pattern hair loss)と表記します。

↑目次に戻る

女性AGA、男性との違いは?

女性AGA、男性との違いは?

男性の脱毛のパターンには特徴があり、前頭部の髪の生え際がM字型、または頭頂部がO型に薄くなり、その範囲が徐々に広がっていきます。

女性の場合には閉経後、ホルモンバランスの乱れにより、髪を育てて健康に保つために必要な女性ホルモンが減ってしまうことが原因で発症するとされています。

女性の脱毛パターンは3つに分けられます。

・ルードウィッグ型…全体的に髪の毛が細くなってゆき、ボリュームが減って地肌が目立つようになる。
特に頭頂部から後頭部のあたりが薄くなる。
「びまん性脱毛症」とも呼ばれることがある。

・クリスマスツリー型…髪の生え際の脱毛部分が広く、頭頂部の真ん中のあたりまでクリスマスツリーのような形に薄くなっていく。
頭頂部に向かうにつれ脱毛部分が細くなっていく。

・ハミルトン型…男性のAGAと同じように生え際のラインが変わる。

↑目次に戻る

女性にも男性ホルモンが!?

女性にも男性ホルモンが!?

女性の体内にも男性ホルモンは存在しています。
男性ホルモンであるテストステロンやジヒドロテストステロンが体内で合成され、毛髪に影響を及ぼすメカニズムは男性と同じです。

しかし、男性のAGAと症状が違うのは女性ホルモンの働きによるためです。

女性ホルモンは髪を育てる

男性ホルモンのテストステロンが脱毛に影響を与えるのとは逆に、女性ホルモン(エストロゲン)は毛髪を育てます。
若い女性は女性ホルモンの分泌が多く、血中のテストステロンの濃度が男性の20分の1と少ないため、毛髪への影響が少ないのです。

またエストロゲンの働きで髪が生え変わるサイクルが長くなるので、薄毛や抜け毛が起こったとしても、その進行は非常に緩やかです。

女性はエストロゲンの分泌が活発な時は、テストステロンの濃度が男性に比べて20分の1と非常に少ないため、毛髪への影響も少ないのです。

女性AGAの原因は?

女性AGAの原因は?

女性ホルモンは加齢と共に減少します。
閉経が近づくと卵巣の働きが低下し、エストロゲンの量が減少するためホルモンバランスが乱れ、AGAの原因となる男性ホルモンが優位にたってくるので脱毛が起こりやすくなります。
そのため、更年期を迎えた女性に多く発症します。

また加齢以外にも、ストレスやダイエットのしすぎ、生活習慣の乱れによるホルモンバランスの乱れが女性AGAの原因としてあげられます。

↑目次に戻る

女性AGAの治療は?

女性AGAの治療は?

女性AGAの場合、男性の治療で使用されるフィナステリドなどの抗アンドロゲン薬は、臨床試験で適応が承認されていないため、使用ができません。

女性の場合は以下のような方法で治療を進めます。

ミノキシジル

ミノキシジル
出典:ikumou-net.info

血管拡張作用と皮膚の線維化抑制効果という2つの効果で発毛を促す、育毛剤などの外用薬です。

1つ目の作用機序は、血管平滑筋を弛緩させることにより、血管を広げて血流を増加させます。

この作用は頭皮などの毛細血管で強く起こると言われており、毛細血管が拡張し、血流が増加します。
それにより、毛母細胞に行き渡る血液量が増加し、栄養が届きやすくなるのです。

もう1つの作用機序は、毛母細胞の活性化です。
毛母細胞は、毛乳頭から栄養や酸素を受け取ることで細胞分裂を繰り返し髪の毛となって成長します。
ミノキシジルを使用することで、この毛母細胞の死滅を抑えるのです。

また、毛乳頭細胞からの血管を新しく作り出すVEGF(血管内皮細胞増殖因子)の分泌を促すことで、毛母細胞に栄養が行き渡るよう働く作用があることも近年分かってきました。

ミノキシジルを含む育毛剤は、加齢とともに女性ホルモンが減少してきた更年期の女性や、血管が集まっている頭頂部の脱毛が気になる女性により効果的です。
育毛剤は必ず女性用のものを使用するようにしましょう。
男性用と女性用ではミノキシジルの濃度が違います。
男性用の育毛剤を使用すると、体毛が濃くなるなどの副作用を受けやすくなるので注意しましょう。

パントスチン

パントスチンには、男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロンへ変換するのを抑える効果がある「アルファトラジオール」が配合されています。

この薬が登場する前に使用されていた男性向けのプロペシア®は、ホルモンに対する影響が大きいため女性は使用できませんでした。
しかしパンストチンは作用が穏やかなため女性の使用が可能です。
なお医薬品のため、医師に処方してもらう必要があります。

サプリメント

サプリメント
出典:j-fm.net

女性のAGAには栄養不足や、ホルモンバランスの乱れが大きく関わってきます。
そのため、栄養をきちんと摂ったり、ホルモンバランスを整えることがAGAの治療に繋がってくるのです。

サプリメントを使用することで、毛髪が成長するのに必要な栄養を補ったり、頭皮の血行促進や体質の改善を促すことができます。

↑目次に戻る

まとめ

まとめ
出典:kids.wanpug.com

男性AGAは進行性のため放っておくと髪の毛が減り続けていきますが、女性AGAではそのようなことはあまりありません。
女性ホルモンは減少するものの、一定の量は分泌されるためです。

女性の薄毛は様々な原因が含まれていて、女性AGA以外に休止期脱毛、甲状腺や膠原病にともなう薄毛、過度なダイエットによる貧血や亜鉛欠乏などもあります。

また、まったく薄毛症状がないにも関わらず、抜け毛を非常に恐れる方もいらっしゃいます。
気になるようでしたら、専門の医療機関を受診し、適切な治療を受けましょう。

最終更新日: 2018-01-06

タグ:

記事に関するお問い合わせ

PR
フィンジア
PR
AGAスキンクリニック

「AGA・若ハゲ」に関する記事

AGA・若ハゲの記事は他にも多数!

DHT(ジヒドロテストステロン)がハゲを進行させる!抑制法を徹底解説!
DHT(ジヒドロテストステロン)がハゲを進行させる!抑制法を徹底解説!
薄毛を引き起こす「5αリダクターゼ」って何!?食べ物や育毛剤での抑制が効果的!
薄毛を引き起こす「5αリダクターゼ」って何!?食べ物や育毛剤での抑制が効果的!
正しい薄毛対策法を完全まとめ!押さえるべき7つの要点とは?
正しい薄毛対策法を完全まとめ!押さえるべき7つの要点とは?
【画像付き】若ハゲでも似合う!薄毛タイプ別カッコイイ髪型21選
【画像付き】若ハゲでも似合う!薄毛タイプ別カッコイイ髪型21選
【画像あり】ハゲには短髪が似合う!おすすめの髪型15選
【画像あり】ハゲには短髪が似合う!おすすめの髪型15選
PR
チャップアップ

人気の記事

ハゲ治療ゼミで人気の記事を集めました

キャピキシル系で最もおすすめなスカルプエッセンス

フィンジアはキャピキシル系で最もおすすめのスカルプエッセンスです!


人気のキーワード

今ハゲ治療ゼミで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。