1. ハゲ・薄毛 治療 >
  2. 効果的な育毛・発毛成分 >
  3. AGA・若ハゲの原因 >
  4. 生活習慣 >
  5. 【育毛と食べ物】若ハゲは食事で改善できる!髪に大事な栄養素と危険な成分 >
  6. 【育毛と食べ物】若ハゲは食事で改善できる!髪に大事な栄養素と危険な成分の2番目の画像

【育毛と食べ物】若ハゲは食事で改善できる!髪に大事な栄養素と危険な成分 の2番目の画像

生活習慣 カプサイシン

皮膚、筋肉、骨、神経、内臓やだ液などにも含まれているアミノ酸の結合体で「IGF-I」という物質があります。

「IGF-I」には体を若く保つ効果があり、毛母細胞を活性化させて乱れたへアサイクルを正しい周期に戻す効果があるとされています。

そしてカプサイシンにはこの「IGF-I」をつくらせる、CGRP(カルシトニン遺伝子関連ペプチド)の放出を促す働きがあると考えられています。

カプサイシンというのは唐辛子の辛味成分なので、まさに唐辛子を摂ることによって効果が期待できるのです。

同じ記事に掲載されている画像

この画像が掲載されている記事

【育毛と食べ物】若ハゲは食事で改善できる!髪に大事な栄養素と危険な成分
【育毛と食べ物】若ハゲは食事で改善できる!髪に大事な栄養素と危険な成分

若ハゲに悩んで、いろいろな育毛剤を試してみては、その効果に疑問を感じている方も多いことでしょう。しかし、髪も皮膚や骨、筋肉と同じように体の一部なので、食事...

2016-08-11