1. ハゲ・薄毛 治療 >
  2. 女性の薄毛・抜け毛 >
  3. 女性専用育毛剤 >
  4. 【薄毛改善】結局どうしたらいいの!?女性の薄毛・抜け毛の原因と対策・治療法まとめ

【薄毛改善】結局どうしたらいいの!?女性の薄毛・抜け毛の原因と対策・治療法まとめ

女性の薄毛や抜け毛の原因は様々です。エストロゲンの減少、ホルモンの低下によるヘアサイクルの乱れ等、様々な原因が挙げられます。この記事では原因を追求する他に、そのための改善策、専門クリニック等をしっかりご紹介していきたいと思います。女性の方必見の内容となっていますので、是非ご覧ください!

薄毛で悩んでいる女性は増えている!

  • 抜け毛が気になる
  • 髪にコシ・ツヤがなくなった
  • 髪型が決まらず固定した髪型を継続してしまっている

という原因で、近年では若い女性でも薄毛に悩まされています。
その理由は、年齢によるものから体質や遺伝子によるものと言われており、更には生活習慣の乱れから加齢による毛髪の弱体化まで様々です。

女性専用育毛剤 薄毛で悩んでいる女性は増えている!

上記のグラフは、2015年度に女性薄毛患者の来院数です。
近年の女性患者数の伸びは、薄毛で悩まれている女性の方が増えただけではなく、医療機関に相談に来る女性が増えたと考えられています。

今までは髪の悩みといえば、行きつけの理美容院の先生または、民間の育毛サロン等でしたが、女性にも髪に関する医療機関が認知されてきたことで、女性の薄毛治療来院数は年々増加しています。

↑目次に戻る

女性の薄毛の原因は様々

女性専用育毛剤 女性の薄毛の原因は様々

女性の薄毛の原因には多々あり、加齢、ホルモンバランス、ストレス、頭皮トラブル、良くない生活習慣等が挙げられます。
ここでは、女性が薄毛になってしまう根本的な原因を簡単に説明していきますので、ぜひご覧ください。

女性が薄毛になる主な原因はエストロゲンの減少

女性専用育毛剤 女性が薄毛になる主な原因はエストロゲンの減少

女性ホルモンのうち髪の健康や美しさに関わるのは、エストロゲンと呼ばれる物質です。

【ポイント】

  • 40~50代の更年期になるとエストロゲンは急激に減少していき、ホルモンバランスの変化や、ストレス、生活環境の乱れによる崩壊から女性の薄毛が起こりやすくなる
  • エストロゲンが減少すると、毛穴から生える髪の量が減ったり、髪の毛の寿命が短くなってしまったりといったが症状が出る

※薄毛のほとんどは頭頂部やつむじ、生え際、前髪に発生しやすいのでしっかり覚えていきましょう!

女性ホルモンが低下する閉経後に薄毛は加速する

女性専用育毛剤 女性ホルモンが低下する閉経後に薄毛は加速する

50歳くらいで閉経を迎えるとされている更年期ですが、その更年期になるまでの女性の髪型は一体どのようになっているのでしょうか。

【20代】

  • 女性ホルモン分泌量の頂点に向かう20代は基本、髪の状態も良好
  • 髪のハリやコシ、量は申し分ないのですが、質や量には個人差が有るので、白髪の発生は免れきれないのでくれぐれも注意

【30代】

  • 徐々に髪の毛に波打ったようなうねりがでてくるようになり、髪が乾燥しやすくなったりする。
    →空気中の水分を含んでしまうためで、指通りの悪さを感じやすくなってしまう

【40代】

  • 40代に入ってくると更年期が迫ってくるため、髪質が低下してくる。
    →閉経後にはそれが顕著になり、薄毛が目立ってくるだけではなく白髪が目立つ人も徐々に増えてくる。

↑目次に戻る

女性の代表的な薄毛の症状

女性専用育毛剤 女性の代表的な薄毛の症状

それではここで、女性が起こしやすい脱毛症を簡単にご紹介していきましょう。

一言で脱毛症といっても、その種類が多いということを踏まえ、できるだけ細かい説明とそれらの特徴・対策を順番にご紹介していきます。

びまん性脱毛症

部分的ではなく、毛髪全体が薄くなる症状を指す脱毛症です。
目に見える症状が出るまでに徐々に進行していくので気づきにくく、症状が悪化してしまう可能性が高いとも言われている別名「FAGA」とも呼ばれています。

【起こる原因】

  • 過度のヘアケア
  • 加齢による毛髪の弱体化
  • ストレスによるヘアサイクルの乱れ
  • 出産、傾向避妊薬(ピル)によるホルモンバランスの乱れ

が挙げられます。

>> びまん性脱毛症の画像はこちら

慢性休止期脱毛症

数多くの原因で不正に休止期に入ってしまう脱毛症です。
頭部全体の毛髪が薄くなるこの症状は、広い範囲に渡って症状が現れ、FAGAと異なり、軟毛化していないことが特徴です。

【起こる原因】

  • ストレスによるヘアサイクルの流れ
  • 外科処置等による物理的ダメージ
  • 甲状腺機能の低下、更年期等のホルモン変化

これは本来10%程度であるべき休止期状態にある毛(休止期毛)が20%程に増えることで起こりやすくなる症状のため、抜け毛の増加に始まってしまうことで、頭髪全体のボリューム感が減少し、地肌が透けて見えたりするようになってきます。

>> 慢性休止期脱毛症の画像はこちら

円形脱毛症

成長期毛の毛球部に何らかの激しい炎症が起こり、毛母細胞が同時に死滅するために発症する脱毛症です。
種類として単発型、多発型、全頭型、汎用型の種類があり、書状の出方にも個人差があります。

【起こる原因】

  • 精神的ストレスが引き金になることが多く、遺伝的な要因もありますが、多くの場合は原因不明と言われている

俗に言う「10円ハゲ」は単発型ですが、それが複数できる場合は多発型となり、その範囲が広がって、全て繋がってしまうと全頭型になってしまいます。

>> 円形脱毛症の画像はこちら

分娩後脱毛症

分娩後2~3ヶ月以内に生じる脱毛症で慢性休止期脱毛症と同じような症状が現れます。
妊娠後期には、エストロゲンが増加する影響で毛周期の成長期が長くなり、退行期に移行しなくなりますが、分娩後は2~3ヶ月でエストロゲンの量が元に戻り、ヘアサイクルも成長期から急速に休止期に移行します。
それまでの成長でたくさん生えた髪が休止期に入り、一気に抜けてしまいます。

【起こる原因】

  • 妊娠による一時的なエストロゲンの増加と、出産による女性ホルモンの急減

分娩後、急激に抜け毛の量が増える、硬く、しっかりとした硬毛が抜ける方はこの脱毛症に当てはまりますが、この症状は一時的なもので元に戻るので、心配はいりません!

>> 分娩後脱毛症の画像はこちら

脂漏性脱毛症

皮脂腺の炎症(脂漏性皮膚炎)等が原因で起こる脱毛症です。
頭皮に湿疹、強い痒み、痛みがあり、フケが多いのが特徴です。
何らかの原因により皮脂腺に過剰に皮脂が分泌され、皮脂が毛穴を塞ぐことで、毛穴周辺部や毛根が炎症を起こすものと言われています。

【起こる原因】

  • ホルモンバランスのみ誰
  • 間違ったヘアケア
  • ヘアワックス、スプレーの多量使用
  • シャンプーの過剰使用、すすぎ残し

が挙げられます。

>> 脂漏性脱毛症の画像はこちら

牽引性脱毛症

ポニーテール等髪を結ぶヘアスタイルや、ヘアピン、カツラ等の物理的な力によって、毛が引き抜かれたり、毛幹が破壊されたりして起こる脱毛症です。
常に同じ分け目にしたりすることも牽引性脱毛症を引き起こすことがあります。

【起こす原因】

  • 長年、髪の分け目を変えず、ポニーテール等によって毛幹部分への外的負荷がかかっている

改善策としては、いつも同じヘアスタイルにするのではなく、髪の毛を結ばずにおろしたり、分け目を変えてみたりすることも対策のひとつになります!

>> 牽引性脱毛症の画像はこちら

圧迫性脱毛症

帽子やヘルメットを長時間被ることによって、毛根や毛穴の組織を傷つけてしまい薄毛や抜け毛の症状が出ます。
帽子などの圧迫から、脱毛につながるので額の生え際や頭頂部から薄毛が目立ってきます。

【起こる原因】

  • 被り物をすることで、頭を締め付けてしまっているため、血行不良になりやすい
  • 帽子やヘルメットを被る時に前髪を上げた状態にして被ることで髪が上に引っ張り続けてしまう

事が原因で圧迫性脱毛症になってしまい、前頭部や頭頂部の抜け毛や薄毛になってしまいます。

薬剤性脱毛症

薬の副作用起こり得る脱毛症で、「成長期脱毛」と「休止期脱毛」に分類されます。
特に、「成長期脱毛」を起こす薬剤は抗がん剤であり、細胞分裂を妨げる働きを持っています。

【起こる原因】

  • 身体にリスクが大きい薬剤を処方することで、副作用として薄毛を起こしやすくなる
  • 抗がん剤の場合、単細胞の分裂だけではなく、身体のあらゆる細胞までも分裂してしまうため、身体へのダメージも大きい上に頭皮や毛髪の働きも妨げてしまう

>> 薬剤性脱毛症の画像はこちら

ピルの副作用が薄毛をもたらすことも

ピルは妊娠を防ぐために服用する女性のための薬のことで、経口避妊薬とも呼ばれています。
主に排卵を抑制する働きを持つ成分の中には、抗アンドロゲン(男性ホルモン)物質が配合されているため、毛を増やす働きが一時的に停止してしまい、その効果が抑えられることで抜け毛が増えてしまいます!

【注意点】

  • 避妊という本来の目的以外の薄毛や抜け毛改善の目的でピルを服用するのは避けるのが無難
  • 避妊目的で使用する場合、抜け毛という考えではなく、逆の発想で育毛効果を期待してピルを服用するという方法もあるので、女性ホルモンを増やすチャンスにもなる

↑目次に戻る

【総まとめ】女性の薄毛対策・治療方法

女性専用育毛剤 【総まとめ】女性の薄毛対策治療方法

これまで女性が起こしやすい脱毛症とその特徴をご紹介してきました。
そこでハゲ治療ゼミは、これらに大きな悩みをお持ちの方に有力な情報を仕入れてきました!それは、女性薄毛の対策に有効的に働く治療法です!それではいきましょう!

育毛剤

【オススメ】①ミューノアージュ

MUNOAGE(ミューノアージュ)

MUNOAGE(ミューノアージュ)

6,787円

  • 東京ミッドタウン皮膚科形成外科「ノアージュ」の院長が開発
  • 養毛剤と育毛剤、2つの容器に分かれている
  • アルコールフリー

サイトで購入

養毛剤と育毛剤の2つのボトルに分かれており、まず養毛料で頭皮環境を整え、次に育毛剤で薬用成分を浸透させるというWアプローチができます。

アルコール含有の育毛剤はヘアカラーの色落ちが心配ですが、ミューノアージュはノンアルコールのためヘアカラーをした後にも使用できます。

【オススメ】②長春毛精(ちょうしゅんもうせい)

長春毛精

長春毛精

7,128円

  • 漢方研究に多くの実績を持つ中国の大学「長春中医学院」との共同開発で誕生
  • ナノエマルジョン技術を用い、成分を極超微粒子化
  • 厳選された和漢12種の生薬を使用

サイトで購入

和漢12種の生薬を使用しています。
また、世界初・特許取得製法の「ナノエマルジョン技術」を使い、成分を100ナノ以下(髪の毛の直径の1,000分の1)という極超微粒子にしています。
成分を頭皮全体から浸透させることができ、無駄なく効果的に毛母細胞に働きかけます。

【オススメ】③ベルタ育毛剤

ベルタ育毛剤

ベルタ育毛剤

7,980円

  • 育毛・頭皮ケア成分を56種、天然由来成分も53種配合
  • ナノテクノロジーで成分をナノ化
  • 商品開発を行ったスタッフによる「お客様サポートチーム」を結成

サイトで購入

業界最大級の育毛・頭皮ケア成分56種類を99.9%配合した、女性用の無添加・名の育毛剤です。
妊娠中や産後の授乳中、敏感肌、乾燥肌、アレルギー肌の方でも使用可能な頭皮に優しい薬用育毛剤となっています。

【オススメ】④マイナチュレ

マイナチュレ

マイナチュレ

5,095円

  • 3種の育毛有効成分・生薬配合
  • 頭皮へのダメージを防ぎ、スキンケア感覚で頭皮ケアができる薬用育毛剤
  • べたつかずさらっとした使い心地
  • 乾燥肌や敏感肌の方も使用できます

サイトで購入

頭皮にとって余計なものは一切使わない「無添加」を実現させた女性用育毛剤です。

ヘアサイクルの長さを考え、変化を実感できる時間をしっかり設けるために長く使用する事を想定し、「医薬部外品」として厚生労働省の承認を取得された安心度の高い育毛剤となっています。

【オススメ】⑤パントスチン

女性専用育毛剤 【オススメ】⑤パントスチン

パントスチンは、有効成分のアルファトラジオールが、AGAや加齢による抜け毛の原因を抑制し、薄毛を改善する外用薬(医薬品)です。
頭皮内で毛根を傷めるジビドロテストステロンを阻害することで、毛根をダメージから守り、抜け毛を抑制する効果があります。

【オススメ】⑥リアップリジェンヌ

リアップリジェンヌ

リアップリジェンヌ

5,239円

  • 日本初の市販発毛剤・リアップの女性向け商品
  • ミノキシジルを1%配合
  • 壮年性(30~40代)脱毛症に効果的

サイトで購入

リアップリジェンヌは、「壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛(脱け毛)進行予防」を効能・効果に持つ女性用発毛剤(第1類医薬品)です。

すでに90ヵ国で使われている有効成分ミノキシジルが、髪の深部に働きかけ、髪に生み出す力を与えます。

内服薬・サプリ

【オススメ】① パントガール(内服薬)

女性専用育毛剤 【オススメ】① パントガール(内服薬)

女性の薄毛(びまん性脱毛・分娩後脱毛症)や抜け毛の改善、発毛を促す内服薬(飲み薬)として、世界で初めて効果と安全性が認められた薄毛治療薬です。

これまで女性の薄毛治療薬としては、外用薬や頭皮への注入法しか選択肢がありませんでしたが、パントガールの登場により、女性も手軽で費用負担も抑えた薄毛治療が可能となりました。

【オススメ】② ミノキシジルタブレット(内服薬)

女性専用育毛剤 【オススメ】② ミノキシジルタブレット(内服薬)

元々は血圧降下剤として、高血圧患者が使っていた治療薬。
投薬中の患者にAGAの改善が見られたことから、薄毛治療薬として研究されてきました。

血圧を下げるための血管拡張作用があり、髪に必要な栄養が毛細血管を通して毛母細胞に届くことで発毛に繋がります。

女性の利用には注意が必要なので必ず医師の処方を受けるようにしましょう。

【オススメ】③ BOSTONレディース(サプリメント)

BOSTONレディースサプリメント

BOSTONレディースサプリメント

8,980円

  • 人気の育毛シリーズGrouwth Projectから発売された「BOSTONレディースサプリメント」
  • 女性のホルモンバランスの事を考え、ノコギリヤシを抜き、「プエラリア」や育毛に欠かすことのできない成長因子「プラセンタ」等も配合

サイトで購入

育毛サプリで有名なBOSTONから女性専用の育毛サプリメントが登場しました。

今までのBOSTONも女性が飲んでも育毛効果は期待できましたが、女性専用ボストンでは更に女性の殻に必要な成分の配合に変更され、男性用には含有されていない成分も配合されています。

【オススメ】④ チャップアップサプリ(サプリメント)

チャップアップサプリ

チャップアップサプリ

5,960円

  • 亜鉛、ノコギリヤシ、フィーバーフュー、カプサイシンなど23種類の育毛成分を配合
  • 育毛剤のチャップアップと併用すると効果的、セットで購入すると単体よりも安く手に入る
  • 返金保証つき

サイトで購入

育毛サプリの成分である「ノコギリヤシ」と「亜鉛」を含め、全部で23種類もの成分で構成されており、しっかりとバランスの良い配合となっています。

チャップアップサプリは、健康補助食品のため、基本的には副作用の心配がないのが特徴の1つです。

女性向け育毛メソセラピー

女性専用育毛剤 女性向け育毛メソセラピー

メソセラピーは、毛乳頭や毛包を細胞レベルでの活性を促し、毛幹を再成長させることです。
簡単に言うと、「発毛効果」と「育毛効果(「産毛状態の毛」や「細く弱々しい毛」を太くて強い成毛に育てる)」の双方を目的とした治療法になります。

【ポイント】

  • 髪の毛のヘアサイクルである成長期、退行期、休止期を経て自然に抜け落ちることを繰り返している →メソセラピーを行うことで、ヘアサイクルの休止期を短くし、成長期を長くすることで、髪の毛がより短期間で成長する事ができる
  • 頭皮が透けて前髪のボリュームが少ないと感じる方、薬による発毛と育毛治療で効果を感じられなかった方、より広範囲の治療をお望みの方には育毛メソセラピーをオススメできる
東京ビューティークリニック

東京ビューティークリニック

0円

  • 無料カウンセリング実施中
  • 女性専門の薄毛クリニック
  • 治療開始4ヶ月~6ヶ月目では、発毛実感率は99.4%
  • 朝10:00~夜19:00まで、365日いつでも電話相談が無料
  • 初診料は5,000円、再診無料・継続処方料は無料

公式ホームページ

頭皮改善のためのシャンプーと頭皮マッサージ

女性専用育毛剤 頭皮改善のためのシャンプーと頭皮マッサージ

薄毛に有効的なシャンプーは適度な洗浄力で汚れを落とし、健康な地肌を保つことができるため、使用するだけでも効果は変わってきます。

そして更に、頭皮マッサージを行うことで薄毛改善のサポートを強化してくれます。
*あくまでもサポートであることに要注意!

【ポイント】

  • シャンプーの前にしっかり髪の毛を溶かすことで、頭皮についているホコリや汚れを落としていく
  • 後頭部にシャンプーを付け、毛髪を包み込むように洗うことで頭皮に泡をなじませることで、広範囲に付着している汚れを落としていく
  • その後、頭皮マッサージを行うことで、頭皮の血行もよくなっていきます →親指以外の4本の指の腹を頭皮に当て、頭皮を上下に動かすようにして全体をマッサージするように髪を調整していく

↑目次に戻る

女性の薄毛で病院にいくなら何科?

女性専用育毛剤 女性の薄毛で病院にいくなら何科?

結論をいうと、皮膚科も選択としてはありですが、女性の薄毛専門クリニックがオススメです。

ここでは専門クリニックで診療する際に起こるコスト、保険適用か否かという部分に言及してご説明していきます。

治療費用

女性専用育毛剤 治療費用
東京ビューティクリニック ウィメンズヘルスクリニック ルネッサンスクリニック
初診料 5,000円 5,000円 無料
再診料 無料 5,000円 無料
血液検査料 ※2回目:20,000円 5,000円 2160円(希望の方のみ)
内服薬 パントガール
※初回料金7,000円
※初回以降8,000円
※記載なし パントガール
10,260円(90錠1ヶ月分)
備考 ※初診・血液検査料金期間限定無料キャンペーンを頻繁に実施 ※診療時に処方あり

基本的にはFAGAは保険非適用

女性専用育毛剤 基本的にはFAGAは保険非適用

AGAの治療に保険を使いたい!と考えている方もいるかもしれませんが、残念ながらAGAの治療に健康保険は適用されていません。
なぜならAGAの治療には大きく分けて

  • 飲むAGA治療薬(フィナステリドなど)
  • 塗るAGA治療薬(ミノキシジルなど)
  • 自毛植毛(FUE法、FUT法、ARTASなど)
  • 発毛治療(メソセラピー、HARG療法など)

がありますが、厚生労働省が定めた医療保険が適応されるものにその4つの治療は含まれていない為です。
AGAの治療は美容整形と同じ分類に分けられており、命に関わる治療ではない
ので健康保険が適用外ということになります。

保険適用になる場合

女性専用育毛剤 保険適用になる場合

中には、保険が適用される薄毛の種類があります。
それは・・・

  • 頭皮の皮膚疾患が原因となっているもの(脂漏性脱毛症や肥厚性脱毛症を指す)
  • 免疫不全で薄毛を発症したもの
  • 薬剤治療の副作用で薄毛になったもの

が対象となります。

医療費控除が適用されるケースもあるので、そちらも要チェックです。

↑目次に戻る

【NG!】薄毛治療に向けた注意点

女性専用育毛剤 【NG!】薄毛治療に向けた注意点

ここではどのような原因で薄毛になりやくなってしまうのか、これから薄毛治療を行っていく女性の方にも必見な情報をこの項で紹介していきます。

過度な偏食やダイエットは禁止!

女性専用育毛剤 過度な偏食やダイエットは禁止!

過度のダイエットや偏食は特に若い女性にありがちなことです。
しかし、行き過ぎたダイエットをしたり、偏食であったりして栄養摂取が十分に確保できていないために、薄毛を起こしてしまう女性は少なくありません。

【特徴】

  • 自分の栄養不足を自覚していないことがほとんどのため、栄養バランスよく摂取できない生活を送っている
  • 髪を作る上で、欠かせないタンパク質をはじめ、ビタミン、ミネラル等栄養が全般的に不足している

生まれつき髪が薄い方は、普通の食生活では髪の毛を新たに多く作り出すのは難しく、十分なタンパク質とビタミンを摂取することが必要になってきます。

たばこもできるだけ回避!

たばこには、約60種類の発がん性物質の他にも200種類の有害物質が含まれています。
これらは人の身体、中には薄毛・抜け毛もその一つに入ります。
たばこが体に与える主な悪影響を挙げていくと・・・・

【神経を興奮させる】

  • ニコチンは、脳の中枢神経や自律神経を興奮させる働きがあるため、頭皮においては、汗や皮脂が毛穴に詰まったり、頭皮が不潔になって雑菌が繁殖したりして、薄毛・抜け毛の原因を引き起こす

【血管を収縮させる】

  • ニコチン等の影響で血管が収縮するため、血流が低下し、体温が下がっていきます。
    →悪化してしまうと、頭皮の毛母細胞にも血液が届きにくくなり、必要な栄養分や新鮮な酸素が不足してしまうリスクが有る

パーマやカラーリング、ブリーチも出来るだけ控える

女性専用育毛剤 パーマやカラーリング、ブリーチも出来るだけ控える

パーマをしたら髪の毛が抜けてきた、ヘアカラーをしたら髪が抜けてきたなんて経験ありませんか。
ハゲ治療ゼミでは、薄毛で悩んでいる方にパーマやヘアカラー、ブリーチ等髪に負担がかかりやすい髪型を控えることを勧めています。
その理由はというと・・・

【パーマのNG理由】

  • パーマに使う液は髪や頭皮にダメージを与えるため、薄毛の原因の一つとなっている
  • パーマは髪を引っ張る事も多く、毛根にダメージを与えることも有る
  • パーマ液を浸透させるため熱風をかけたり、温めたりすることも頭皮へのダメージとなり、薄毛を進行させてしまう一因になりやすい

【カラーリングのNG理由】

  • ヘアカラーの中でも、色落ちがなく1~2ヶ月間色持ちする永久染毛剤は1番ダメージが高いと言われている
  • アルカリ性製品の方が酸性製品よりも染毛効果が高く、髪の損傷も大きいため、全体的に頭皮への負担度が大きい

【ブリーチのNG理由】

  • 髪の毛の色素を分解し脱色するカラーリング法のため、キューティクルを破壊し、コルテックスにまで影響を及ぼすため、頭皮を傷つけやすい
  • ブリーチ剤は強力な薬剤のため、頭皮や毛穴に液体が付着してしまった、特に肌に敏感な人は、発毛や髪の毛の成長が邪魔されてしまう可能性が高い

ブリーチ剤を始め、カラーリングやパーマで使用する薬剤は、基本的に髪の毛や頭皮、毛穴にダメージを与えるものです。
特に、ブリーチの後にパーマをかける、自分にあった色にならないので何度もやり直して髪を調整している方はくれぐれも注意してください!

↑目次に戻る

応急処置なら髪型を変えるのもあり!

女性専用育毛剤 応急処置なら髪型を変えるのもあり!

パーマやカラーリング、ブリーチ以外であれば、髪型を変える事は一つの方法になります。

【ポイント①】分け目を変える

  • 同じ分け目だと頭皮が固まってしまい、毛根が成長しづらくなる。
    →そこから薄毛になる人もいるので、定期的に分け目を変えていくことを心がけていきましょう

【ポイント②】前髪を作る

  • 頭頂部に櫛を入れ、そのまま前に流す。
    →前髪にしたい分だけ残して、今ある前髪と長さを揃えて切ってしまうことが重要になってくるので注意して心がけていきましょう

↑目次に戻る

総括

女性は、極端なダイエットやストレス、間違ったヘアケア等が原因で薄毛になるケースが近年増加の傾向にあります。
ですが、これらのケースは女性の意思によって改善することができるため、生活習慣を見直して、更に育毛剤、育毛サプリメントと併用することで薄毛への効果が大きく期待できます。

【大きなポイント】

  • 女性は男性ホルモンが少ないため、育毛効果が男性よりも出やすいことが研究によって明らかになっている
  • 仕事や人間関係等でストレスが溜まりやすいので、上手にストレスを排除して穏やかに過ごすことを習慣化していくことで、予防につながる
  • カラーリングやパーマは髪や頭皮に大きなダメージを与えてしまう原因になるので、できるだけ避けるか回数を減らしていくこと
  • わからなかったら女性薄毛専門クリニックにカウンセリングに行くこと!

中には「病院で治療できるとは思わなかった」と仰った方が、実はたくさんいます。
半信半疑で治療を受け始める方もいますが、次第に髪が豊かさを取り戻していくと「本当に増えるんだ!」と感激した方も多くいらっしゃいます。
安心できる医療機関できちんとした治療を受ければ、薄毛の悩みはしっかり解消できますので、まずは一度クリニックに行って無料カウンセリングから始めていきましょう!

東京ビューティークリニック

東京ビューティークリニック

0円

  • 無料カウンセリング実施中
  • 女性専門の薄毛クリニック
  • 治療開始4ヶ月~6ヶ月目では、発毛実感率は99.4%
  • 朝10:00~夜19:00まで、365日いつでも電話相談が無料
  • 初診料は5,000円、再診無料・継続処方料は無料

公式ホームページ

最終更新日: 2017-07-15

タグ:
薄毛対策 女性専用育毛剤 FAGA

記事に関するお問い合わせ

PR
チャップアップ
PR
BUBKA(ブブカ)(定期コース)

「女性専用育毛剤」に関する記事

女性専用育毛剤についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

【女性の発毛治療】女性の薄毛治療の効果と副作用、おすすめクリニックまとめ
【女性の発毛治療】女性の薄毛治療の効果と副作用、おすすめクリニックまとめ

「女性の薄毛・抜け毛」に関する記事

女性の薄毛・抜け毛の記事は他にも多数!

【女性の薄毛対策】女性は使用NG!プロペシア・ザガーロの危険な副作用まとめ
【女性の薄毛対策】女性は使用NG!プロペシア・ザガーロの危険な副作用まとめ
【薄毛改善】結局どうしたらいいの!?女性の薄毛・抜け毛の原因と対策・治療法まとめ
【薄毛改善】結局どうしたらいいの!?女性の薄毛・抜け毛の原因と対策・治療法まとめ
【おすすめ】<ランキング形式>女性に効果がある人気薄毛・育毛シャンプー8選
【おすすめ】<ランキング形式>女性に効果がある人気薄毛・育毛シャンプー8選
PR
チャップアップ

人気の記事

ハゲ治療ゼミで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ハゲ治療ゼミで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。