1. ハゲ・薄毛 治療 >
  2. AGA・若ハゲ >
  3. 育毛剤 >
  4. 育毛、発毛、植毛、増毛の違いって?費用の差は?メリットとデメリットまとめ

育毛、発毛、植毛、増毛の違いって?費用の差は?メリットとデメリットまとめ

薄毛対策には、育毛、発毛、植毛増毛の4つがありますが、その違いをご存じですか?「薄毛を改善する」という目的は一緒ですが、治療方法は全くといっていいほど違います。それぞれのメリットとデメリットを知って、あなたに合った薄毛対策を見つけましょう!

育毛、発毛、植毛、増毛の違い、知っていますか?

育毛剤 育毛、発毛、植毛、増毛の違い、知っていますか?

どれも薄毛治療の方法を指しますが、それぞれ目的や手段が異なります。
簡単にまとめますと、

  • 育毛…今生えている髪を強く太くする、主に外用薬の育毛剤を使用する
  • 発毛…毛根から生えていない髪を生やす、主に内服薬の発毛剤を使用する
  • 植毛…薄毛部分に人口毛または自毛を移植する、外科手術が必要
  • 増毛…今生えている髪に人工毛を巻き付けたり、編み込んだりする、育毛サロンでできる

となります。
今回は、これらの4つの詳細な説明と、メリットとデメリットをご紹介します!
また、各事項と関連する記事をリンク付けしましたので、気になる人は併せてご覧ください。

↑目次に戻る

育毛とは

育毛剤 育毛とは

育毛とは、現在生えている髪を太く、強く伸ばすことを指します。
ボリュームを増やす、今ある髪を抜けにくくさせることが目的ですので、「少し薄くなってきたかな?」「何だか髪の量が減った気がする」程度から処置を始めるべきです。
ですから、医薬品ほどの効力はなく、フサフサになるなど劇的に改善する見込めません。

育毛剤や育毛シャンプーなどを使って頭皮に必要な栄養を与えることで、頭皮環境を改善し、強い髪を育てます。
育毛シャンプーや育毛剤など自分でケアするのであれば、月々1万円程度で済みます。

近い意味で養毛という言葉がありますが、これは栄養不足による抜け毛を予防する目的です。
髪や頭皮に栄養が少なくなることが抜け毛の主な原因になるので、これを防ぐことが養毛になります。

育毛のメリット

  • 自分の毛が生えるため、自然な仕上がりになる
  • 増毛や植毛に比べて、費用を抑えることができる
  • 通院や診察が不要なので、ドラッグストアや通販で気軽に手に入れられる
  • 自宅で簡単に治療できる

今回紹介する中で、一番費用が抑えられる治療法です。
また、家にいながら治療できるので、定期的な通院やメンテナンスが不要で、楽して薄毛の改善が期待できます。

育毛のデメリット

  • 効果が出るまで数か月かかる
  • 使い続けても体質により効果が出ないかも
  • 自毛がない人には効果が期待できない
  • 毎日継続して使わないと意味がない

育毛剤には、劇的に髪を生やすほどの効力はありません。
あくまでも頭皮の環境を徐々に改善していき、今ある髪を育てることが目的ですので、一気にフサフサにはなりません。

育毛治療はこんな人におすすめ!

  • まだ薄毛初期だから対策したい
  • 自毛を大切にして伸ばしたい
  • 自分で手軽に改善したい
  • 費用はできるだけ抑えたい

ハゲ治療ゼミでおすすめ度No.1の育毛剤はチャップアップです!

業界最多の83種類の有効成分を配合し、副作用の発生確率も低く、男女ともに使えるため、とてもおすすめできます。

チャップアップ

チャップアップ

7,400円

  • 100%無添加・無香料
  • 業界最大級83種類の成分配合
  • 全額無期限返金保証

サイトで購入

↑目次に戻る

発毛とは

育毛剤 発毛とは

発毛とは、髪が抜けてしまった毛穴から再び髪が生えるようにする治療方法です。
毛母細胞という髪のもととなる細胞が分裂しなくなることで、髪が伸びなくなります。
血行促進やヘアサイクルを正し、再び毛母細胞を活性化させることで薄毛の改善が期待できます。
発毛は時間がかかりますが、効果がとても高いため、最も理想的な治療法といわれています。

ミノキシジルやザガーロが代表的な治療薬です。
これらは医薬品であり、血行促進効果が高く、髪に必要な栄養をしっかり頭皮に与え毛母細胞の分裂を促すため、薄毛治療には効果的と言えます。
主に錠剤で処方されて、費用は月々2~3万円程度かかります。

ミノキシジルには外用薬もあり、CMでお馴染みのリアップが有名です。
また、各AGA専門クリニックでオリジナルに配合した内服薬や外用薬もあり、費用も異なります。

皮下組織に薬剤を直接注入するメソセラピーは、1回あたり5~7万円です。
ミノキシジルやビタミン類、アミノ酸などの栄養成分を、直接頭皮に注入して発毛機能を蘇らせるHARG(ハーグ)療法は、1回あたり10~15万円ほどかかります。

メソセラピーとHARG療法は、どちらも頭皮に直接注射することで発毛を促す治療ですが、含まれている物質が異なります。
治療方法の詳細や違いは、以下の記事をご覧ください。

発毛のメリット

  • 自分の毛が生えるため、自然な仕上がりになる
  • 増毛や植毛に比べて、費用を抑えることができる
  • 医薬品なので、育毛剤と違い発毛の効果が得られる

カツラやエクステなどと違い、人口の毛ではなく自らの毛を生えさせます。
そのため、髪が生えれば自然な仕上がりになり、違和感がありません。
また、医薬品のため、劇的に改善できることが期待できます!

発毛のデメリット

  • 効果が出るまで数か月かかる
  • 飲み続けても体質により効果が出ないかも
  • 頭痛やEDなど副作用がある
  • 医薬品を個人輸入すると、トラブルに巻き込まれる可能性がある
  • 男性ホルモンに作用するので、女性の服用が厳禁な医薬品がある

どの医薬品にも副作用の可能性はつきものです。

誰にでも起こり得ますので、その危険性についてはしっかり理解してから服用する必要があります。

また、1錠飲んだら終わりではなく、こちらも数カ月は服用し続けないと頭皮環境が変わらないため、すぐには効果を実感しにくいです。

医薬品を個人輸入すると、偽薬を買わされたり、代金を払っても商品が送られてこなかったりするなど、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

そういったトラブルを避けるためにも、AGA専門クリニックにかかることをおすすめします。

発毛治療はこんな人におすすめ!

  • 高確率で自分の髪を生やしたい
  • 育毛剤よりも多少は費用がかかっても良いから、自分の髪を格段に増やしたい
  • 医療機関で診てもらい、医師の指導のもと治療していきたい

↑目次に戻る

植毛とは

育毛剤 植毛とは

植毛には人工植毛と自毛植毛に2種類があります。
人工植毛とは、頭皮に人工の毛髪を植えつけることで、髪の毛を増やす治療方法です。
人工のものは身体が免疫反応を起こし、頭皮トラブルになるかもしれません。

また、人工毛は伸びませんので、自毛が伸びたときに全体的に不自然になるため、あまりおすすめできません。

自毛植毛は、自分の髪が生えている頭皮を薄毛の部分に植え付けます。
自分の皮膚組織ですので拒絶反応もなく、自毛のため仕上がりも自然でおすすめです。

このため、以下で植毛を説明する際は、自毛植毛を指して説明していきます。

手術方法には、

  • FUT法…頭皮を切り取って、手作業による株分けと植え込みで移植する
  • FUE法…毛包を専用のパンチ(円形のメス)で繰り抜いて移植する
  • ニードル法(Choi式・単一植毛法)…穴あけと植え込みを同時に行い、注射器で一本一本の移植する
  • マイクログラフト法…4~6本の毛髪を極細のパンチで採取してから移植する、FUE法よりももっと細かくグラフト(毛穴1つ分の単位)を採取できる

があります(メリット・デメリットは後述)。

初期のM字ハゲなら1,000~2,000グラフトくらい必要になるので、自毛植毛だと100万~200万円が相場になります。

植毛のメリット

  • 自分の毛なので拒否反応の心配が少なく、手術後にメンテナンスが不要
  • 自分の毛を移植するので、自分の髪を増やせる
  • 髪が増えれば全体的になじみ、自然な仕上がりになる

自分の頭皮から髪を生えさせるので、こちらも仕上がりは自然なものになります。
現代の技術では手術痕が残りづらい手法もあるため、きれいな仕上がりが期待できます。

植毛のデメリット

  • 体質によっては麻酔が身体に合わず、手術後に吐き気や痛みが生じることがある
  • 手術方法によっては、頭皮に傷痕が残るかも
  • 生え揃うまでに数か月かかる
  • 費用が高額で金銭的負担がかかる
  • ショックロスが起こる可能性がある

ショックロスとは、植毛手術や麻酔などの影響で、既存の髪の毛の一部が一時的に抜ける現象を指します。
外見上の変化はほとんどなく、半年~1年ほど経てば元通りに生えそろいます。

また手術ですので、費用はかなり高額になります。
面積が広いと数百万単位になりますので、治療に踏み切るには勇気がいります。

各術式のメリット・デメリット

育毛剤 各術式のメリットデメリット
メリット デメリット
FUT法 ・定着率や発毛率が高い
・広範囲の植毛もOK
・皮膚を大きく切るため傷痕が大きく残る
・出血量が多い
FUE法 ・メスを使用しない
・大きな傷跡にならない
・切り取る部分の毛髪量が少なくてもOK
・短髪だと傷痕が目立つ
・広範囲には適さない
・皮膚の切り取りに時間がかかる
ニードル法(Choi式・単一植毛法) ・傷痕が目立ちにくい
・出血量が少ない
・グラフトが小さいのでデザイン性が高い
・1本1本植え込むので時間がかかる
・その分費用がかさむ
・広範囲には適さない
マイクログラフト法 ・傷痕が目立ちにくい
・出血量が少ない
・グラフトが小さいのでデザイン性が高い
・1本1本植え込むので時間がかかる
・その分費用がかさむ
・他の植毛方法よりも発毛率・定着率が下がる

気になる定着率は

  • FUE法は85~95%
  • FUE 70~80%
  • ニードル 50~60%

となり、FUE法が一番高くなっています。
(マイクログラフト法はどれだけ調べても具体的な確率が発見できませんでしたが、定着率が低いことは確かなようです)

植毛はこんな人におすすめ!

  • 手術をしてでも徹底的に薄毛を治したい
  • 費用はどれだけかかっても良い
  • 自分の好きな箇所を発毛させて、髪をデザインにしたい

↑目次に戻る

増毛

育毛剤 増毛

増毛とは、人工毛を使用して、髪が増えたように見せる治療方法です。
髪のボリュームは増えますが、自分の髪が増えるわけではありません。

  • 結毛法…自毛に人口毛を結びつける方法で、生え際や分け目が気になってきた人に有効
  • 編込み法…糸を頭皮全体に編み込み、土台を作って人口毛を編み込んでいく方法で、頭頂部が気になっている人に有効

費用は人工毛1本につき50円程度が相場で、3,000本増毛すると約15万円ほどの費用がかかります。
増毛は月1~2回ほどの定期的なメンテナンスが必要となるため、その際の費用も考慮しておく必要があります。

また、現在では増毛スプレーと言い、頭皮に黒い粉をかけることで薄毛を隠すという手段もあります。
ウォータープルーフで汗や雨にも強いものが多く、速攻で髪が増えたように見せることができるため、今すぐ薄毛を隠したいという人におすすめです。

増毛のメリット

  • 短時間で髪が増やせる
  • 投薬や手術が不要なので、心的負担や副作用などのリスクが少ない

即効性がウリです。
当日中に一気に髪が増やせるので、翌日から快適な毎日を送れるでしょう。

増毛のデメリット

  • 自毛に人工毛を絡めるため、自毛がある程度ないと増やせない
  • 維持費がかかる
  • 定期的にメンテナンスをしないといけない
  • 自毛に負荷がかかるため、抜け毛の原因になる
  • 人工毛を結ぶので、皮膚トラブルになりうる

人口毛は化学繊維ですので、人によっては皮膚トラブルになる可能性があります。
また、メンテナンスをしないと品質を維持できないため、その分の費用がかさみます。

増毛はこんな人におすすめ!

  • 速攻で薄毛を隠したい
  • 薬の副作用が怖い

↑目次に戻る

メリット・デメリットの比較

育毛剤 メリットデメリットの比較
メリット デメリット
育毛剤 ・自分の毛が生えるため、自然な仕上がりになる
・増毛や植毛に比べて、費用を抑えることができる
・ドラッグストアや通販で気軽に手に入れられる
・自宅で簡単に治療できる
・効果が出るまで数か月かかる
・使い続けても体質により効果が出ないかも
・自毛がない人には効果が期待できない
・毎日継続して使わないと意味がない
発毛剤 ・自分の毛が生えるため、自然な仕上がりになる
・増毛や植毛に比べて、費用を抑えることができる
・医薬品なので、育毛剤と違い発毛の効果が得られる
・効果が出るまで数か月かかる
・飲み続けても体質により効果が出ないかも
・頭痛やEDなど副作用がある
・医薬品を個人輸入すると、トラブル巻き込まれる可能性がある
植毛 ・手術後にメンテナンスが不要
・自毛植毛にすれば、自分の髪を増やせる
・自分の毛なので、拒否反応の心配が少ない
・髪が増えれば全体的になじみ、自然な仕上がりになる
・手術後に吐き気や痛みが生じることがある
・手術方法によっては、頭皮に傷痕が残るかも
・生え揃うまでに数か月かかる
・費用が高額で金銭的負担がかかる
増毛 ・短時間で髪が増やせる
・心的負担やリスクが少ない
・自毛がある程度ないと増やせない
・維持費がかかる
・定期的にメンテナンスをしないといけない
・自毛に負荷がかかるため、抜け毛の原因になる
・人工毛を結ぶので、皮膚トラブルになりうる

↑目次に戻る

価格の比較

1ヶ月/1回あたりの費用 年間の費用
育毛剤 1本1ヵ月分で約1万円 約12万円
発毛剤 内服薬1ヵ月分で約2~3万円
外用薬だと約7,000円
内服薬で約24~36万円
外用薬で約84,000円
植毛 1グラフトあたり約1,000円
1,000グラフトだと約100万円
(維持費がかからないので手術代のみ
グラフト数により変動します)
増毛 人工毛1本につき約50円
平均1,000本つける人が多いので、1回あたり約5万円
メンテナンス費用が月々約2万円
左記の計算だと約27万円
本数により変動します

※育毛剤はメーカーに、発毛剤はクリニックによって金額がまちまちですので、参考程度にしてください。

金額だけ見ると増毛が最安に思えますが、つけ終わった後もメンテナンス費用がかさみますので、年間で換算すると発毛剤と大差ないでしょう。

自分の髪が増える、かつメンテナンス不要と考えると、育毛剤や発毛剤が一番コスパがいいですね!

↑目次に戻る

効果を実感するまでの期間比較

育毛剤 効果を実感するまでの期間比較
育毛剤 早くても3ヵ月
発毛剤 平均3ヵ月
早い人は1ヵ月
植毛 平均3ヵ月
増毛 即日

※個人差がありますので、あくまでも目安です。

増毛は人工毛を縫い付けるだけなので、即日フサフサになります。
その他は、だいたい3ヵ月を目処に効果を実感できるようです。

これはヘアサイクルに関係しています。
ヘアサイクルとは髪の一生のことであり、髪が生まれてから抜けるまでを指します。
髪は絶えず伸び続けている訳ではなく、休止期と退行期があり、この期間は髪が伸びません。
休止期と退行期は合わせて3ヶ月ほど続くため、塗布後・服薬後・術後すぐには効果が現れにくく、実感できるには3ヶ月かかると言われています。

ただし、3ヵ月後にフサフサになっているのではなく、始めは産毛が生える程度です。
産毛と言えど、しっかり発毛できている証拠ですので、そのまま継続すればフサフサになるかもしれませんよ!

ヘアサイクルについての詳細は、こちらをご覧ください。

↑目次に戻る

副作用の違い

育毛剤 医薬部外品、化粧品扱いのものが大半のため、殆どなし
ただし、体質によっては初期脱毛やかぶれ、かゆみがある
発毛剤 頭痛、めまい、嘔吐、抑うつ、肝機能障害、ED、性欲減退など
植毛 術後に軽い痛みや赤み、かゆみや腫れ
ごく稀に麻酔薬による吐き気を伴うが、翌日には鎮静
増毛 人工毛が体質に合わず、かぶれやかゆみを伴う場合がある

一番「安全・安心」と言えるのは育毛剤でしょう。
ユーザーのほとんどの人が副作用を訴えることもなく、健康的に使えているようです!

↑目次に戻る

結局おすすめはどれ?

育毛剤 結局おすすめはどれ?

育毛、発毛、植毛、増毛について説明してきましたが、結局どれが良いのか悩みますよね…
結論として、当サイトでは発毛を最もおすすめします。

自分自身の髪が生えるので仕上がりも自然で、植毛に比べれば費用が抑えられ、高い発毛効果を誇るため、コスパは随一と言えるからです!

発毛剤は個人輸入代行業者を通じて入手することもできますが、効果がない偽薬を買わされたり、商品が発送されなかったりとトラブルに巻き込まれる恐れがあります。
そのため、AGA専門クリニックで正規品を処方してもらうことが最良です。

発毛の次に育毛がおすすめです。

月々1万円程度で薄毛の進行を抑制できる、抜け毛予防ができる効果がありますので、薄毛がまだ初期段階の人にはもってこいの治療法です。

発毛剤ほどの効果はありませんが、費用低減や時間短縮を思えば、やってみる価値はあるでしょう!

チャップアップ

チャップアップ

7,400円

  • 100%無添加・無香料
  • 業界最大級83種類の成分配合
  • 全額無期限返金保証

サイトで購入

↑目次に戻る

薄毛に悩んだらAGA専門クリニックへ!

育毛剤 薄毛に悩んだらAGA専門クリニックへ!

育毛剤を塗っても効果が見られないときは、迷わずAGA専門クリニックへ行きましょう。
発毛剤をネットで買うのは危険ですし、悩んでいる間にも薄毛はどんどん進行しますので、早めに医師に相談してくださいね!

多くのAGA専門クリニックでは無料でカウンセリングが受けられますので、「ただ発毛剤だけが欲しい」「自毛植毛するつもりはないんだけどな…」という人でも大丈夫です。

とにかく足を運んで現状を医師に診てもらい、正しい治療法を提示してもらうことが大切です。

AGAスキンクリニック東京ビューティークリニックは、当サイトいち押しのクリニックです。
どちらも無料カウンセリング実施中ですので、気軽に相談してみてくださいね!

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック

0円

  • 1カ月4200円からのリーズナブルな費用が特徴
  • 自らの薄毛に悩んだ医師が開発したオリジナルの治療薬が好評
  • 月1回30分の通院で済む
  • 患者の状態に合わせた適切な処方
  • プライバシーへの配慮が抜群
  • 全国に45院展開、年中無休
  • 10:00〜21:00まで営業(*クリニックへお問い合わせください)
  • 無料カウンセリング実施中

公式ホームページ
東京ビューティークリニック

東京ビューティークリニック

0円

  • 無料カウンセリング実施中
  • 女性専門の薄毛クリニック
  • 治療開始4ヶ月~6ヶ月目では、発毛実感率は99.4%
  • 診療時間は朝10:00~夜19:00まで(*クリニックにお問い合わせください)
  • 365日いつでも電話相談が無料
  • 初診料は5,000円、再診無料・継続処方料は無料

公式ホームページ

↑目次に戻る

総括

育毛剤 総括
  • 育毛…今生えている髪を強く太くする、主に外用薬の育毛剤を使用する
  • 毛根から生えていない髪を生やす、主に内服薬の発毛剤を使用する
  • 薄毛部分に人口毛または自毛を移植する、外科手術が必要
  • 今生えている髪に人工毛を巻き付けたり、編み込んだりする
  • 自分の髪が生え、費用も抑えられ、発毛効果が高い発毛剤が一番おすすめ!
  • まだ薄毛が初期段階の人は育毛剤を使おう
  • 薄毛に悩んだらAGA専門クリニックへ

自分の髪や頭皮の状態によって使い分けた方が良いみたいですね。

一概にどの治療法が良い・正しいというのはないので、自分のお財布や生活環境によって選びましょう。

どれが自分にとって最良か判断し難い場合は、薄毛の専門家がいるAGA専門クリニックへ行ってみてくださいね!

最終更新日: 2017-10-22

タグ:
育毛剤 自毛植毛 ミノキシジル チャップアップ 発毛剤 AGAスキンクリニック 増毛スプレー 東京ビューティークリニック

記事に関するお問い合わせ

PR
フィンジア
PR
AGAスキンクリニック

「育毛剤」に関する記事

育毛剤についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

【実録】育毛剤の効果がでるまでどのくらいかかる?実感までの期間を徹底調査!
【実録】育毛剤の効果がでるまでどのくらいかかる?実感までの期間を徹底調査!
【効果を引き出す】育毛剤が効かない時に対策・チェックすべきポイント5選
【効果を引き出す】育毛剤が効かない時に対策・チェックすべきポイント5選
【口コミ・評判あり】育毛剤ミューノアージュの効果は?成分から使い方まで徹底まとめ
【口コミ・評判あり】育毛剤ミューノアージュの効果は?成分から使い方まで徹底まとめ
【妊娠と育毛剤】妊娠中・産後に使える!おすすめの育毛剤ランキング7選
【妊娠と育毛剤】妊娠中・産後に使える!おすすめの育毛剤ランキング7選
【生え際バツグン】M字ハゲ改善におすすめの育毛剤ランキング【保存版】
【生え際バツグン】M字ハゲ改善におすすめの育毛剤ランキング【保存版】

「AGA・若ハゲ」に関する記事

AGA・若ハゲの記事は他にも多数!

【画像あり】ハゲには短髪が似合う!おすすめの髪型15選
【画像あり】ハゲには短髪が似合う!おすすめの髪型15選
シャンプーやドライヤーの抜け毛は1日何本ならやばい?抜け毛を減らす対策法とは
シャンプーやドライヤーの抜け毛は1日何本ならやばい?抜け毛を減らす対策法とは
「死にたい…辛い…」若ハゲに悩みを抱える人へ!気になる若ハゲの判断基準・改善方法
「死にたい…辛い…」若ハゲに悩みを抱える人へ!気になる若ハゲの判断基準・改善方法
【体験談】チャップアップシャンプーで実際に1年間洗ってみた!効果や使い心地とは?
【体験談】チャップアップシャンプーで実際に1年間洗ってみた!効果や使い心地とは?
【体験談】育毛ドリンクって何だ!?メンズミレットの飲み方や効果まとめ
【体験談】育毛ドリンクって何だ!?メンズミレットの飲み方や効果まとめ
PR
BUBKA(ブブカ)(定期コース)

育毛剤の人気の記事

「育毛剤」で人気の記事を集めました

人気の記事

ハゲ治療ゼミで人気の記事を集めました

キャピキシル系で最もおすすめなスカルプエッセンス

フィンジアはキャピキシル系で最もおすすめのスカルプエッセンスです!


人気のキーワード

今ハゲ治療ゼミで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。