1. ハゲ・薄毛 治療 >
  2. AGA・若ハゲ >
  3. AGA・若ハゲの治療 >
  4. 【若ハゲ・AGA治療】そもそも何科に行くべき?病院での治療の流れと専門外来

【若ハゲ・AGA治療】そもそも何科に行くべき?病院での治療の流れと専門外来

男性の頭髪に関する悩みと言えば、「若ハゲ」が定番の一つです。そのほとんどがAGA、男性型脱毛症と呼ばれており、最近では病院治療でも確固たる方法論が確立されてきました。 実際のところ何をどうするのか、徹底解剖します。

朗報!若ハゲは病院で治療出来る

若ハゲになってしまう原因とは?

男性ホルモンに起因するもの

男性の若ハゲは「AGA(男性型脱毛症)」とも呼ばれ、男性ホルモンのテストステロンと頭皮に含まれる5αリダクターゼと呼ばれる酵素が反応して薄毛を促進する物質ジヒドロテストステロン(DHT)が生成され、脱毛が進んでしまうという疾患です。

近年は医療用医薬品でこのDHTの働きを抑制するものが開発・販売され、医療機関を受診することによって病院での治療が可能となっています。

食生活の乱れ

食生活の乱れも若ハゲの原因となります。
食事が乱れ、不健康な食生活になると血行が悪くなったり、脂分の増加によって頭皮の毛穴が詰まってしまいます。

若ハゲの原因となりうる食べ物は、「脂っこいもの」「甘いもの」「塩分の多いもの」の3つに分類できます。

脂っこいもの → 脂肪分によって毛穴が詰まります。
甘いもの → 代謝の低下による皮脂の分泌量が増加します。
塩分の多いもの → 高血圧によって血行不良となります。

また、食べ過ぎや過度のダイエットも薄毛になる原因です。
食べ過ぎは、胃腸に血液が集まることで頭皮への血行が悪化してしまいます。
過度のダイエットは栄養不足になってしまい、頭髪まで必要な栄養分が回らなくなって脱毛してしまいます。

生活習慣の乱れ(睡眠・運動不足、タバコ、暴飲)

また、生活習慣の乱れも若ハゲの原因となります。
具体的には睡眠不足やタバコ(喫煙習慣)、運動不足が若ハゲの原因となります。

睡眠不足は頭髪の成長を妨げます。
頭髪の成長を促進するホルモンは22時から2時までの4時間に多く分泌されます。
この時間帯の睡眠が不足すると成長ホルモンが不足し、十分に毛細胞が育たなくなってしまうのです。

喫煙習慣や運動不足は血行不良につながります。
頭皮への血行が悪くなると若ハゲにつながってしまいます。

5αリダクターゼを制御することが早期治療への近道

AGA・若ハゲ発症の仕組み整理

何故病院での治療が可能なのかを正しく理解するため、
改めて若ハゲ・AGA発症のメカニズムを整理しましょう。

  • 体質(生活習慣は間接要因)・遺伝により5αリダクターゼという酵素が生成
  • 5αリダクターゼ酵素を因子とし、男性ホルモンがジヒドロテストステロン(DHT)に変化
  • ジヒドロテストステロンが本来健康であるはずの髪に栄養素を届けなくし、AGA発症のトリガーになる
  • 若ハゲが進行し、部分的に薄毛になるなど、典型的なAGAが発症

原因が明確なため、AGA対策は科学可能!

AGAの発症メカニズムは上記のように明確な理由が存在し、
その理由をコントロールする方法論が確立されてきています。
AGA対策は科学されています。

  • 男性ホルモンを直接制御するのは副作用の問題も多く危険 ↓
  • 5αリダクターゼを制御すれば、脱毛ホルモン(DHT)の制御が可能 ↓
  • AGA対策には、5αリダクターゼの制御が基本

症例数の多い専門外来や、定番の方法論を採用することでAGA対策を科学し、
効率的に治療を進めることが出来ます。

診療科は皮膚科ではなくAGA専門外来がオススメ

若ハゲの人は病院での治療が可能となっているのですが、それではどの診療科を受診すればよいのでしょうか?

若ハゲの人が受診可能な診療科は「皮膚科」や「AGA専門外来」です。

若ハゲにおいて、皮膚炎等の皮膚のトラブルに起因するものである可能性があるため、皮膚科を受診するのも有効なケースも確かにありますが、AGAの場合は専門知識や症例数などから、基本的には「AGA専門外来」の受診が早期治療への近道だと考えています。

何故皮膚科がオススメ出来ないのか?

AGAの専門医は皮膚科には少ない

一般的な皮膚科(形成外科、美容外科含む)にはAGAの治療を行っているケースと、行っていないケースが混在しており、最新の専門性の高い知識や治療方法に精通しているとは限りません。

一般的な皮膚科では、基本的にはにきびや皮膚の疾患(疥癬、帯状疱疹、湿疹など)、水虫、アトピー性皮膚炎への診療を日々行っています。

専門性とAGAの治療効果にはどのような関係があるのか?
それは、薬の種類、治療経験、AGAの発症メカニズムに関する知識量に現れます。
一般的な皮膚科では効果の高い薬(プロペシアミノキシジル)に対応していないケースもあります。

迷わず専門外来に通っておけば治療期間が短縮できたのに、あえて皮膚科に通うことで遠回りする可能性があります。

全ての皮膚科に知識不足というわけではありませんが、せっかくAGA専門外来があるのですから、迷わず最速最短での治療を目指しましょう。

診察の質の違い、遺伝子検査に対応していないケースがある

一般的な皮膚科ではAGAの専門医の存在が曖昧なことと同様に、検査の質が低いケースや検査設備が整っていないケースが存在します。

それこそ、適当に診察して、プロペシアを処方して終了。
のようなケースも存在します。
誰でもプロペシアを服用しておけばOKというわけではありません。
長く服用する薬ですし、それに伴う副作用も存在するため、より正確な検査が求められます。

また、AGAはあくまで自由診療ですから、遺伝子検査の設備や対応が出来ない皮膚科も存在します。
遺伝子検査の結果によってプロペシアの効果が高いのか低いのかなどが判明し、治療方法も変わってきますので、選択肢として遺伝子検査も可能な病院に受診することが確実です。

専門外来では自由診療なこともあり、徹底的な研究が各クリニックの差別化要素になりますが、一般的な皮膚科では研究の必要性がないため明確なメソッドが存在していない可能性が高いと考えてよいでしょう。

ちなみに、以下の方法で遺伝子検査は行われます。

【AGAの検査方法】
AGAの検査は通常遺伝子検査で行ないます。

毛髪、血液、爪、口内粘膜を採取し、DNAを調べます。

遺伝子の塩基配列において、CAGリピート(c,a,gがリピートする)とGGCリピート(g,g,cがリピートする)のそれぞれの数の合計を調べます。

基準値(CAG数+GGC数):38
基準値38よりも少ない場合:AGAリスクが高い
基準値38よりも大きい場合:AGAリスクが低い

と判定されます。

大体プロペシアを処方して終わりなので発毛効果は見込めない

AGA若ハゲの治療 大体プロペシアを処方して終わりなので発毛効果は見込めない

皮膚科でのAGA治療は主に「抜け毛の抑制」です。
あくまで現状維持の治療であり、我々の目指すフサフサではありません。

何故か?

皮膚科での治療はプロペシアを処方することが主流です。
ここで、プロペシアの効果をもう一度見直しましょう。

<プロペシアの主な効果>
・脱毛の原因となる男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制
=> 「AGAの進行を抑える効果」

つまり、プロペシアはAGAの進行を抑える効果はありますが、発毛効果に関しては全ての人に効果があるわけではありません。
発毛効果を望むのであれば、ミノキシジルとの服用が重要ですが、一般的な皮膚科では処方されるケースは少ないようです。

■プロペシアの具体的な効果(臨床データ)

プロペシア®錠1mgを1年間投与した場合、個人差はあるものの改善がみられた方は58%、また、改善まではいかなかったものの、進行しなかった方の割合は98%にも及びます。

さらに、プロペシア®錠1mgを3年間投与した場合、こちらも改善の個人差はあるものの、頭頂部では77.8%の方が、前頭部では71.7%の方に改善が認められています。
また、改善まではいかなかったものの、進行しなかった方の割合は1年間投与した場合と同じく98%にも及びます。

ただし、このデータで対象となっている男性は、「20歳以上50歳以下で脱毛症以外には心身ともに健康な男性」と比較的対象が若年層となっていますので、少し注意が必要です。

というのも、プロペシアは、発毛を期待するためのものではなく、抜け毛をストップさせ、薄毛を食い止めることを効果・効能として挙げています。
先ほどの実際臨床データでも、著しい改善が見られた方はプロペシア®錠1mgを3年間投与して頭頂部で6.1%、前頭部では2.0%となっているのです。
もし、進行をストップさせ、さらに発毛も望まれる場合は、唯一発毛効果が認められている薬「ミノキシジル」と併用することをおすすめします。

また、プロペシアはすべての男性型脱毛症患者に有効というわけではありません。

プロペシアが効果を発揮できる条件として、男性ホルモンに対して比較的敏感に反応して男性型脱毛症が発症している場合に限られる傾向があります。
この男性ホルモンに対する感受性は、『アンドロゲンレセプター遺伝子のDNA検査』をすることによって調べることが可能です。

最後に、プロペシアの効能・効果を期待するならば、まずは使用する上での注意点をよく守ることがとても大切になります。
基本的に男性における男性型脱毛症のみの適応であること、20歳未満での安全性及び有効性は確立されていないこと、女性に対する適応はないことを留意し、更に様々な副作用、妊婦への影響などがあるため、必ず医師の処方を受けることが重要です。

【データ元】
<国内データ 1年>臨床効果|MSD(最終閲覧日:2016年3月1日)
https://www.msdconnect.jp/products/propecia/medical_1y.xhtml

<国内データ 3年>臨床効果|MSD(最終閲覧日:2016年3月1日)
https://www.msdconnect.jp/products/propecia/medical_3y.xhtml

引用元: www.hairmedical.com

AGA専門外来をオススメ出来る理由

症例数が多い!治療実績が豊富!!(皮膚科との最大の違い)

AGA若ハゲの治療 症例数が多い!治療実績が豊富!!(皮膚科との最大の違い)

前述の通り、皮膚科とAGA専門外来との最大の差は症例数です。

例えばヘアメディカルグループでは年間に35,000人の外来患者が推移しており、年次来院患者数は増加しています。

一方で近所の皮膚科ではおそらくこの1/10に満たない症例数でしょう。
手軽に済ませるのも一手ですが、圧倒的症例数、熾烈な競争を勝ち抜くAGA治療メソッドを享受するのであればメジャーなAGA専門外来がベストな選択肢でしょう。

既に地肌が露出しているなら圧倒的にAGA専門クリニックで発毛治療

皮膚科では主に「脱毛効果を抑制する」プロペシアのみの処方がされますが、AGA専門外来では脱毛効果抑制から発毛効果までケアします。
毛母細胞に直接働きかけ、血流を増やし
栄養を行き渡らせる効果による発毛効果が高く実証されているミノキシジルの処方も積極的に行っています。

一口にミノキシジルとは言っても、外用薬と内服薬が存在します。

外用薬は市販されているケースもありますが、内服薬については一般的な皮膚科での取り扱いは少ないです。

既に地肌露出してしまうほどAGAが進行している場合は、プロペシアとミノキシジルの適切な量でのハイブリッド治療が基本戦略です。
一般的な皮膚科ではミノキシジルの取り扱いが少ないため、既に症状が進行している場合はAGA専門クリニックが王道だといえます。

症状に応じたオーダーメイド治療

AGA専門外来では、単にプロペシアミノキシジルを処方するだけではありません。

オーダーメイド処方薬では日本皮膚科学会においてもAランクとされ信頼度が高いとされるプロペシア、ミノキシジルの2大成分は当然抑えたうえで、亜鉛やビタミンなどの発毛効果が期待される成分まで配合しています。

全て均質的な薬というわけではなくあくまで「オーダーメイド」の薬です。
人それぞれにあった配合の「オーダーメイドAGA治療薬」を処方してもらうことが可能です。

つまり、AGA専門外来では「自分にあった治療プラン×自分にあった治療薬」の最適化された治療を受けられる可能性が高いと考えて良いでしょう。

意外と料金がリーズナブル(無料カウンセリングあり)

専門外来というと高いイメージですが、月間の費用で言うと以下のような相場イメージを持つと良いでしょう。
中長期的なコンプレックスの解消、治療の確実性を求めてゆくならば払っても良い金額かもしれません。

<一般的な皮膚科>
・現状維持のためのプロペシアの処方
・現状維持のための診察
などで、4,000~12,000円/月程度

<専門外来>
・現状維持のためのプロペシアの処方
・発毛効果を見越したミノキシジル、オーダーメイド治療薬などの処方
・専門的な検査&プランニング
などで、15,000円〜30,000円/月程度

AGA専門クリニックでの来院から治療までの流れ

STEP1. 予約

AGA専門外来のクリニックの殆どは予約制です。
まずは自宅や職場の近くでで継続的に通いやすい、専門クリニックを当HPなどで吟味して選びましょう。

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック

4,200円

  • 業界最安値クラスに安い  月4,200円~薬で手軽に治療を始められるものから、ドクター施術による本格的な発毛治療まで受けられます
  • 発毛実感率99.4%
  • 全国規模の男性専門 薄毛治療病院   全国36院(提携院含む)、急な引越し、転勤でも、全国どこでも同じ治療が受けられる
  • 医師自らの悩みを解決するために生まれたオリジナル発毛薬  統括診療部長:麻生 泰(あそう とおる) 自らが薄毛に悩み、治療を体験し、 効果を実感した当院オリジナル発毛薬「Rebirth(リバース)」

無料カウンセリングを受ける

STEP2. カウンセリング・問診

予約した日時に初来院します。
ちなみに、カウンセリング・問診のみの初来院は無料であることが多いです。

来院時に専用の問診票に現状の悩みを記載し提出します。

提出後、専門のカウンセラーが髪の悩みやあなたの不安について相談に載ってくれます。
治療の内容・方向性、治療費、注意事項の説明もこのタイミングで行われます。

せっかくなので、包み隠さず、素直に疑問点は何でも相談すると尚良しです。
カウンセリング・問診までは無料の事が多いため、このタイミングで治療方針や治療費用について検討し、治療を進めてゆくかどうか意思を固めましょう。

また、このタイミングで専門医による問診、血圧や頭皮の状況のチェックを無料でチェックしてくれるクリニックもあります。
どこまで無料なのかはクリニックによって違うので、その点は事前に注意しておきましょう。

STEP3. 初診(写真撮影+血液検査+薬の処方+診察)

カウンセリングの次は、いよいよ初診です。

診察では、AGA専門の医師が現在の頭髪状況、頭皮の状況、身体全体の健康状態、食生活・生活習慣・嗜好品(タバコやお酒など)、その他にもストレスなど多角的に診察し、原因を特定します。

このタイミングで、オプションを希望する場合は遺伝子検査など、AGA専門外来だからこその診察も可能です。
医師と相談の上、追加するかどうかを決めましょう。

初診は大体5,000円〜30,000円の幅で、所要時間は1.5時間〜2.0時間程度のようです。
(*5,000円など過度に安い場合ははキャンペーンが多い)

写真撮影

写真撮影は発毛状況を客観的に評価するために行われます。
少し恥ずかしいですがここは自分でも客観的に評価するために必須のプロセス。

自分では撮影し辛い頭頂部も撮影してもらえますし、良い機会です。

素直に写真撮影してもらいましょう。

血液検査

処方される薬の体への影響を事前に把握するための重要な検査です。

治療薬の処方(発毛治療)

AGA専門医師から、処方される内服薬・外用薬についての補助的な説明を受けます。

薬はほとんどのクリニックで30日分づつ処方されます。
AGAのメカニズム的にも継続が極めて重要なので、ここは鉄の意思をもって服用を続けましょう。

STEP4. 定期的な通院

初診が終わったら、後は定期的な通院です。

定期通院では頭皮や健康状態のチェック、発毛効果の確認のため、定期的な写真撮影が行われます。

もちろん、薬の副作用の確認や、治療に際する不安点の相談なども目的の一つです。
ガンガン相談しましょう。

追加の薬も処方してもらえます。
(30日分程度)

着実に発毛効果を積み重ねるならAGA専門外来

ここまで、皮膚科とAGA専門外来とを比較し、AGA専門のメリット、そして実際の診察プロセスを確認してきました。

高い専門性により多角的な見地から診察してくれる専門外来は安心感がありますね。
病院・クリニックに行くなら多少のコストがかかろうとも、専門外来がベストな選択です。

是非検討してみましょう。

最終更新日: 2017-03-24

タグ:
AGA・若ハゲの治療 AGA専門クリニック AGAスキンクリニック

記事に関するお問い合わせ

PR
AGAスキンクリニック
PR
チャップアップ

「AGA・若ハゲの治療」に関する記事

AGA・若ハゲの治療についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

【体験談・動画付き】AGAの治療に必要な平均的な期間とは?
【体験談・動画付き】AGAの治療に必要な平均的な期間とは?
禁煙のメリットは髪にも?薄毛に悩むならぜひ禁煙を!
禁煙のメリットは髪にも?薄毛に悩むならぜひ禁煙を!
クリニックでAGA遺伝子検査ができる!検査で分かることとは
クリニックでAGA遺伝子検査ができる!検査で分かることとは
髪の成長に睡眠は超重要!若ハゲ・薄毛対策と睡眠の関係とは
髪の成長に睡眠は超重要!若ハゲ・薄毛対策と睡眠の関係とは
保険適用外って本当?AGA治療費の相場を徹底調査!
保険適用外って本当?AGA治療費の相場を徹底調査!

「AGA・若ハゲ」に関する記事

AGA・若ハゲの記事は他にも多数!

【抜け毛対策】ストレスだけじゃない!抜け毛、ハゲの原因まとめ
【抜け毛対策】ストレスだけじゃない!抜け毛、ハゲの原因まとめ
今すぐできる!若ハゲ防止・予防に効果的な対策10選
今すぐできる!若ハゲ防止・予防に効果的な対策10選
【発毛法】発毛に効果的な方法まとめ7選
【発毛法】発毛に効果的な方法まとめ7選
【女性の薄毛対策】女性は使用NG!プロペシア・ザガーロの危険な副作用まとめ
【女性の薄毛対策】女性は使用NG!プロペシア・ザガーロの危険な副作用まとめ
【AGA診断】あなたの薄毛(AGA)どこまで進んでる?診断方法総まとめ
【AGA診断】あなたの薄毛(AGA)どこまで進んでる?診断方法総まとめ
PR
チャップアップ

AGA・若ハゲの治療の人気の記事

「AGA・若ハゲの治療」で人気の記事を集めました

人気の記事

ハゲ治療ゼミで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ハゲ治療ゼミで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。