1. ハゲ・薄毛 治療 >
  2. 植毛 >
  3. 自毛植毛 >
  4. 失敗することはあるの?自毛植毛のメリット・デメリットまとめ

失敗することはあるの?自毛植毛のメリット・デメリットまとめ

薄毛が気になる、あれこれ試したけれど効果がゼロ……そんな方にとって最終手段が植毛です!しかし、植毛ってどんなことするのか不安という方も多いでしょう。今回はそんな植毛の疑問を解決するために、自毛植毛種類やメリット・デメリット、失敗事例などをまとめました。

自毛植毛は薄毛治療の最終手段

自毛植毛 自毛植毛は薄毛治療の最終手段

自毛植毛は、日本皮膚科学会が薄毛治療の最終手段としている外科手術です。

自毛植毛ですので、髪の毛が豊富に残っており、男性ホルモンに影響されない側頭部や後頭部などから、薄毛の気になる部分へ植毛して薄毛を治療します。

自毛植毛が最も有効な症状は、育毛剤などで改善するのが難しいとされているM字ハゲです。
一方で、つむじのように毛の流れが生まれている頭頂部は難しいとされています。

また、育毛剤で効果はあったものの満足のいかなかった方や、毛量を増やしたい方などが自毛植毛を利用しています。

自毛植毛の方法は現在のところ、以下の4つの方法が主流となっています。

  • FUT法
  • FUE法
  • ニードル法
  • ARTAS法

自毛植毛の大まかな流れ

自毛植毛 自毛植毛の大まかな流れ
出典:www.harg.org

自毛植毛は方法に違いはありますが、大まかには次のような方法で行います。

自毛植毛ですので、植毛する髪の毛は自前のものになります。
ドナーとなる髪の毛は、本人の後頭部から毛包ごと採取し、生え際など薄毛の部分に植毛します。

まず後頭部の頭皮を帯状に採取し、毛包単位に株分けします(この株をグラフトと言います)。
方法によっては帯状に頭皮を採取せず、グラフトをパンチで毛包だけくり抜く事もあります。

続いて、健康的なグラフトを選別し、移植したい部分に植え込んでいきます。
移植を終えたら、術後の経過を見るために定期的にクリニックに通い、問題なければ退院となります。

クリニックによって受けられる手術の方法は異なりますが、いずれも外科手術になるので医療行為に相当します。

4つの植毛方法に共通する副作用、注意点

自毛植毛 4つの植毛方法に共通する副作用、注意点

植毛を受ける際には、注意点や副作用があることに留意してください。
まず、植毛可能な本数に限りがあることです。
ドナーとなる髪の毛の本数には限界があるため、好きなところに好きなだけ植毛できるわけではないです。
また、外科的手術になるので、多かれ少なかれ傷痕が残ります。

自然に生え揃うには半年ほどかかりますので、術後すぐにフサフサになれるとは限りません。
新しい髪が生えるのには少なくとも3カ月はかかるため、全体的にきれいな仕上がるになるには時間が必要です。
さらに、もし植毛した部分以外で薄毛が進行すると、治療部分と差異が出てくるので、その差を埋めるための再手術が必要になる事があります。

術前は後頭部を刈り上げる

グラフトは髪の根元から採取するため、髪が長いと採取がしづらいため、その箇所を刈り上げる必要があります。

1~2mm程度残し、術後は周囲の髪や付け毛で隠します。

普段から坊主にしている人は、傷痕がくっきり見えてしまうため、術前に少し伸ばしておいた方が良いでしょう。

術後に髪が抜けるショックロス

ショックロスとは、植毛手術や麻酔などの影響で、既存の髪の毛の一部が一時的に抜ける現象のことです。

抜ける髪の毛は既存の髪の10~15%程度であり、全てが抜け落ちることはないので、大いに心配する必要はありません。
抜け毛が増えて怖いかもしれませんが、外見の変化はほとんどないです。

個人差はありますが、一般的には、手術後から1~4カ月の間で起こります。
ショックロスが終われば抜け毛の量は元に戻るので、安心してください!

詳細はこちらの記事をご覧ください。

失敗することはある?

自毛植毛 失敗することはある?

傷跡

グラフト採取のための頭皮採取場所は、目立たないように縫合されます。

また、切開しない方法もありますが、いずれの方法でも場合によっては傷が治った後にケロイド状態(皮膚がボコボコと盛り上がること)なってしまう事もあります。

目立たない後頭部とは言え、ぷっくりとしたケロイドが残ると、人によっては気になってしまうかもしれません。

定着率

定着率は植毛した髪が生えてくる割合の事です。

自毛植毛は、後頭部の髪を薄毛の部分に移植する手術ですが、そのすべてが根付くというわけではありません。

自毛植毛は定着率が高いと言われています。
しかし、定着率は施術者の技術にも寄るため、ドナーを採取する時に毛根に傷が付いたり、移植部位を一度に高密度にしようとしたりすると、定着率の低下に繋がります。

不自然な仕上がり

医師の手でドナーを植毛していきますので、仕上がりは医師の技量に寄ります。
生え際は良く観察すると、緩やかにカーブしており、ジグザグに産毛が生えています。

しかし、自毛植毛を行うとそれまで毛が生えてなかった所に黒々とした髪が生えてくるようになりますので、直線的な生え際になる事があります。

また、髪質が違う毛を移植してしまうと、不自然になってしまう事もあります。

↑目次に戻る

FUT法のメリット・デメリット

自毛植毛 FUT法のメリットデメリット

FUT法(ストリップ法)はドナーを採取するために、上下約1cmの幅で20~30cmの長さで、側頭部や後頭部の皮膚を3~4cmの深さで切り取ります。
そして、切り取った皮膚から目視でグラフトを採取・選別し、薄毛部分に1グラフトずつ植えこんでいきます。

メリット

ドナー採取のために切り取った部分は、上下で縫い合わせますので、頭部や側頭部に横長の傷跡が残ります。
しかし、現在は縫合技術が向上し、手術後でも傷跡が目立たないようになってきています。

FUT法のメリットは、良質なドナー株を大量に採取が可能で、広範囲の薄毛治療や高密度の移植が出来る事です。

デメリット

一方でデメリットはメスを使用するため、手術後は縫合部分のツッパリ感や多少の痛みが残ります。

また、縫合部の傷跡が目立つため短髪に出来ない事です。

FUT法はこんな人にオススメ

FUT法がオススメの方は下記に該当する方です。

  • 頭皮が硬い
  • 定着率を上げたい
  • コストを抑えたい

頭皮が硬いとFUE法が選べない事がありFUT法を利用せざるを得ません。
しかし、FUT法が優れている点もあります。

FUT法はFUE法よりグラフトを傷つける事が少ないため定着率が高く、確実性があります。
また、薄毛の範囲が広い方ですと、定着率が高いFUT法の方が自然な仕上がりに出来ます。

↑目次に戻る

FUE法のメリット・デメリット

自毛植毛 FUE法のメリットデメリット

FUT法が頭皮を切る自毛植毛に対し、FUE法はパンチと呼ばれる直径1mm程度の穴を開けて毛髪(ドナー)を採取します。

穴を開けると言っても採取時も部分麻酔を使うため、無痛手術です。
ドナー採取後は、FUT法と同様に採取したドナーを1つずつ薄毛部分に植毛していきます。

メリット

ドナー採取部分は縫合を必要としないため、ドナー採取部位は米粒状の傷跡が残る程度で、術後の痛みもほとんどありません。
FUE法のメリットはなんと言っても傷跡が目立ちにくい事です。

デメリット

一方でデメリットは、パンチでドナーを採取するため、ドナーそのものを傷つける可能性があり、定着率はFUT法ほど良くありません。

また、傷跡は目立ちにくいですが米粒状の傷跡は残りますので、丸坊主のような髪型にすると傷跡はどうしても目立ってしまいます。

FUE法はこんな人にオススメ

FUE法は次に該当する方に適した治療方法です。

  • メスを使う手術は怖い
  • 術後の傷口が目立たない方が良い
  • 頭皮が硬くFUT法が困難
  • 術後の傷は早く治したい

FUT法とFUE法はよく対で比較検討されますが、どちらも一長一短です。
傷跡の程度や植毛後の仕上がりなど、様々な要素を医師と相談して総合的に判断するようにしてください。

↑目次に戻る

ニードル法のメリット・デメリット

自毛植毛 ニードル法のメリットデメリット
出典:shokumou.world

ニードル法の特徴

ニードル法はFUE法と似ていますが、採取するのは毛包ごとではなく、髪の毛を1本1本「Choi式植毛針」という針で採取し、薄毛部分に押し出して植え付けていく方法です。

メリット

ニードル法のメリットは、高密度かつ自然な仕上がりに出来る事です。
グラフトのサイズに合わせた植毛針で、移植角度や間隔を自在に調整できるので、繊細な技術を求められる生え際でも傷口を最小限に抑えながら植毛出来ます。

デメリット

一方でデメリットは、ニードル法を採用しているクリニックが減少している事です。
専用の注射器を用いて1本1本植毛するため、手術時間が長い上に広範囲の植毛には適していないからです。
そして、細いニードル針にグラフトを装着する際に、毛包を傷つけてしまい、生着率の低下が懸念されているからです。

ニードル法はこんな人にオススメ

ニードル法がオススメの人は以下に該当する方です。

  • 生え際の仕上がりにこだわりたい
  • 治療に時間が多少かかっても良い
  • 短髪なので生え際や傷跡は目立たなくさせたい
  • 定着率の低さはある程度、目をつぶっても良い

ニードル法は4つの自毛植毛手術のうちもっともマイナーです。
クリニックが減少している事や、医師の技術が求められる事、医師や患者さんを長時間拘束するためなどが原因です。

そして、ニードル法が減少する中で、次に紹介するARTUS法が徐々に選ばれつつあります。

↑目次に戻る

ARTAS法のメリット・デメリット

自毛植毛 ARTAS法のメリットデメリット

ARTAS法の特徴

ARTASは植毛ロボットの名称であり、ARTASを利用すればグラフト採取を完全に自動化する事が可能となります。

植毛手術のFUE法は、毛根を傷付けずに毛穴ごとくり抜いてグラフトを採取する方法ですが、毛根の向きは個人差があるため、人の手で正確にグラフト採取する事は限界がありました。

ARTASを利用すれば、4つのCCDカメラにより髪の毛の密度や本数などを瞬時に正確に算出し、採取部分が自然な仕上がりになるように最適な間隔でドナー採取出来ます。

メリット

これまでに蓄積された何万通りのビッグデータから、肉眼では確認できない皮膚の下の毛根の角度まで計算し、毛根を傷つけないようにグラフト採取が可能となりました。

ARTASを用いる事でグラフト採取が短時間かつ正確に行えるようになり、医師や患者さんの負担を大幅に減らせるようになったのです!

デメリット

一方でデメリットは、ARTASを設置しているクリニックがまだまだ少ない事です。
現在のところ湘南美容クリニックしか採用していませんので、お住まいの地域にクリニックが無い場合は、近隣の地域まで通って治療を受ける必要があります。

ARTAS法はこんな人にオススメ

ARTAS法がオススメの人は以下に該当する方です。

  • 植毛密度を高くしたい
  • 1日の通院で植毛を終えたい
  • 自然な仕上がりにしたい
  • ヒューマンエラーが心配で機械に任せたい
  • かさぶたなど術後の痕は、目立たないようにしたい
  • 後頭部の部分も傷口になりにくく、完治を早くさせたい
  • お財布と身体に負担のかからない方法を選びたい

ARTAS法は4つある治療方法の中でも、一番良いところ取りの治療方法です!

↑目次に戻る

4つの植毛方法の比較一覧

自毛植毛 4つの植毛方法の比較一覧

植毛方法の違いをまとめるとこのようになります。

FUT法 FUE法 ニードル法 ARTAS法
手術時間 ×
人がドナー採取するので拘束時間が長く、患者さんの精神面・身体面で負担が掛かる。
×
人がドナー採取するので拘束時間が長く、患者さんの精神面・身体面で負担が掛かる。
×
人がドナー採取するので拘束時間が長く、患者さんの精神面・身体面で負担が掛かる。

ドナー採集は機械で行われるため、人の手による施術に比べて短時間。
患者さんの精神面・身体面の負担も少ない。
傷痕 ×
ドナーを採取時に毛根ごと皮膚を切開するため大きな傷が残る。

切開をしないためドナー採取時の傷口の治癒も早い。
×
ドナーを採取時に毛根ごと皮膚を切開するため大きな傷が残る。

切開しないため傷が小さく、傷口の治癒も早い。
定着率
FUE法よりも毛根の切断率が低く、定着しやすいグラフト採取が可能。

定着率がFUT法よりも低い。
×
定着率が50~60%と低い。

毛根切断率が低く、定着率は他の植毛方法よりも高い。
採取量
ドナー採取量は毛髪の密度や切開する箇所により異なる。

ドナーを採取する医師の技量に大きく依存する。
1時間で60~200本ほどのドナーが採取可能。

ドナー採取のために切断する箇所や面積、頭髪密度によりドナー採取量は異なる。

1時間で500本以上のドナーを採取可能。
費用 ×
約1200円/本
×
約1500円/本

約700円/本

332円~498円/本

↑目次に戻る

自毛植毛はこんな人におすすめ!

自毛植毛 自毛植毛はこんな人におすすめ!

自毛植毛はその名の通り、自分の髪の毛を薄毛部分に移植(植毛)する方法です。

ですので、育毛剤や発毛剤の使用、あるいは生活習慣を見直しをしても薄毛の症状が改善されない場合におすすめです。

自毛植毛は薄毛治療の中でも最も高額になりますが、植毛した髪の毛は定着すればその後は自然に生えてきますので、AGA治療薬を飲む必要もなくなり、薄毛の根本治療が可能となります。

↑目次に戻る

【その他のデメリット】自毛植毛した髪が伸びるまで半年程度時間がかかる

自毛植毛 【その他のデメリット】自毛植毛した髪が伸びるまで半年程度時間がかかる

自毛植毛の効果が現れるには個人差がありますが、最低でも半年以上の期間が必要です。

術後、植毛を終えたばかりはショックロスにより、1~3ヵ月間程度抜け毛が多く見られます。
そして、その期間を過ぎると新しく生えてくる髪の毛が、太く長く成長するようになります。

ショックロス期間と、新しく髪の毛が生えてきて見た目で髪の毛が生え揃う期間を鑑みると、自毛植毛により薄毛が治療されたと見た目で分かるには、約半年程度はみておくと良いでしょう。

↑目次に戻る

植毛後もAGA治療薬、プロペシアは飲んだ方が良い?

自毛植毛 植毛後もAGA治療薬、プロペシアは飲んだ方が良い?

プロペシアやミノキシジルを植毛後に服用する事は、ショックロスの予防や髪の毛の成長促進に有効です。
フィナステリド(プロペシアやフィンペシア等)は抜け毛予防効果があり、ショックロスのリスクを最小限に抑える事が出来ます。

また、ミノキシジルの血管拡張作用により、髪の毛の成長を促す事が出来ます。
ミノキシジルやプロペシアなどAGA治療薬は、いずれも副作用も確認されている治療薬です。

植毛手術それ自身も体に負担のかかるものですので、何か問題が起こった際に適切な対処が出来るように、AGA治療薬の服用は手術を行った医師の指導の下に服用するようにしましょう。

↑目次に戻る

人工毛植毛は推奨されていない!

自毛植毛 人工毛植毛は推奨されていない!

人工毛植毛は自分の後頭部からドナーを採取せず、ポリエステルやナイロンと言った合成繊維で出来た人工毛を頭皮に植毛します。

元来、事故や火傷などにより頭皮を損傷し、髪の毛を失ってしまった方のための治療方法でしたが、それが薄毛の治療としても利用されるようになりました。

人工毛植毛は自身のヘアサイクルに左右されませんし、十分にドナーが採取できなくても植毛可能であるといったメリットがあります。
しかし、今では次に触れるデメリットがあるため、ほとんど利用されていない薄毛治療方法となっています。

拒否反応として炎症などの後遺症が起きる

人工毛植毛の場合は人工毛を植毛しますので、拒否反応が起こる可能性があります。

人体の免疫反応により人工毛が拒絶されると、頭皮に炎症が起こるかもしれません。
人工毛を植毛したすき間から雑菌が入れば、感染症に繋がるかもしれません。

また、人工毛は成長する事がありませんから、植毛した人工毛が切れてしまえば根元の部分が頭皮に残されたままとなり、異物感や刺されたかのような傷跡がその後も残ってしまいます。

↑目次に戻る

まずはAGA専門クリニックで無料カウンセリングがおすすめ!

自毛植毛はあくまでも「薄毛治療の最終手段」です。
薄毛になったからと言って、最初から検討する必要はありません!

まずはクリニックに通院して服薬治療から始めましょう。
それでもどうしても治らない場合に、自毛植毛を考えてみてくださいね。

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック

0円

  • 1カ月3,400円からのリーズナブルな費用が特徴
  • 自らの薄毛に悩んだ医師が開発したオリジナルの治療薬が好評
  • 月1回30分の通院で済む
  • 患者の状態に合わせた適切な処方
  • プライバシーへの配慮が抜群
  • 全国で展開、年中無休
  • 10:00〜21:00まで営業(*クリニックへお問い合わせください)
  • 無料カウンセリング実施中
公式ホームページ

全国規模でクリニックを展開しているクリニックです。
院長自身が薄毛に悩んでいた経験からオリジナルの治療法を生みだし、患者によりそった治療が評判です。

症状により様々なタイプの治療を受ける事が可能で、プロペシアの処方だけなら、初月4,200円で処方してもらうことが可能です。

また、任意で育毛メソセラピーなどのプランも利用出来ます。

湘南美容クリニック

湘南美容クリニック

湘南美容クリニック

0円

  • 治療内容、治療経過、カウンセリング内容をオープンにしている
  • 男性にはプロペシアを処方
  • 女性にはパントガールを処方
  • AGA治療薬のオーダーメイド治療では発毛実感率99%を達成
  • 無料カウンセリング実施中
公式ホームページ

湘南美容外科クリニック(SBC)グループがプロデュースするAGA専門クリニックです。

AGAクリニックの中でも最も治療メニューが多く、28種類のプログラムが用意されています。
植毛に注力しており、ロボットを使用したARUTAS植毛は世界的に症例数が最も多い事でも知られています。

また内服薬を用いた治療はもちろん、メソテラピーといった治療にも力を入れており、あらゆる角度から薄毛治療を受けられます。

アイランドタワークリニック

アイランドタワークリニック

アイランドタワークリニック

0円

  • 自毛植毛一筋15年、シェアNo.1を誇る自毛植毛専門クリニック
  • 独自技術の自毛植毛法「i-direct」は、95%を誇る高い定着率と、メスを使わないので傷跡が残らないことが特徴
  • 新宿、名古屋、大阪、福岡の4院を開院
  • 自毛植毛症例数は20,000件を超え、実績がある
  • 無料カウンセリング実施中
公式ホームページ

独自の自毛植毛手術かつ実績豊富なクリニックで治療を希望するなら、アイランドタワークリニックがオススメです。

メスを使わない独自の自毛植毛i-Directで、毛髪の細胞組織をできるだけ傷つけずに移植株の採取と移植を行うことができます。

全国の主要都市(新宿、大阪、名古屋、福岡)に展開し、遠方の方でも利用しやすいように、カウンセリングと施術の際にかかる交通費・宿泊費は最大で全額返金の対象となっています。

またアイランドタワークリニックの医療ローンなら経済的負担を少なくして治療を受けることができます。
さらにモニター割引にも対応しているため費用面の負担を減らす事も出来ます。

自毛植毛で薄毛の悩みを解決したい人にはアイランドタワークリニックがおすすめです!

アイランドタワークリニックを公式サイトでチェック

↑目次に戻る

総括

自毛植毛 総括

本記事の重要事項をまとめると次のようになります。

  • 自毛植毛は薄毛治療の最終手段
  • M字ハゲも治療可能
  • 自毛植毛の主な方法は、FUT法、FUE法、ニードル法、ARTUS法の4つ
  • 自毛植毛で失敗する可能性もあり
  • 自毛植毛は植毛以外の方法で効果が見られなかった人はもちろん、育毛剤で十分な効果が得られなかった人にも有効
  • 自毛植毛は髪が生え揃うまでに半年は必要
  • 植毛手術後はAGA治療薬を利用するのも効果アリ
  • 人工毛植毛はすでに下火の治療方法

自毛植毛は多額の費用がかかりますが、その分発毛率は服薬治療に比べて高くなります。
薄毛治療の最後の砦として、前向きに検討してみてください!

自毛植毛を実際に行った人の体験談やブログも紹介していますので、気になる方はこちらもご覧ください。



最終更新日: 2018-12-12

タグ:
アイランドタワークリニック AGAスキンクリニック プロペシア 自毛植毛 ミノキシジル 湘南美容外科クリニック

記事に関するお問い合わせ

PR
AGAスキンクリニック
PR
AGAスキンクリニック

「自毛植毛」に関する記事

自毛植毛についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

【口コミあり】東京で自毛植毛が評判のおすすめ人気クリニック4選
【口コミあり】東京で自毛植毛が評判のおすすめ人気クリニック4選
【体験談あり】自毛植毛とは?費用や失敗例、メリット・デメリットを総まとめ
【体験談あり】自毛植毛とは?費用や失敗例、メリット・デメリットを総まとめ
自毛植毛した髪が伸びるまでどれくらいかかる?術後の髪の成長スピードまとめ
自毛植毛した髪が伸びるまでどれくらいかかる?術後の髪の成長スピードまとめ
【口コミあり】名古屋で評判の良い!自毛植毛の人気おすすめクリニック5選
【口コミあり】名古屋で評判の良い!自毛植毛の人気おすすめクリニック5選
【評判・費用】自毛植毛を大阪でするならここ!おすすめクリニック6選
【評判・費用】自毛植毛を大阪でするならここ!おすすめクリニック6選

「植毛」に関する記事

植毛の記事は他にも多数!

失敗することはあるの?自毛植毛のメリット・デメリットまとめ
失敗することはあるの?自毛植毛のメリット・デメリットまとめ
【自毛植毛】2chでの自毛植毛の良スレとスレのポイント総まとめ6選
【自毛植毛】2chでの自毛植毛の良スレとスレのポイント総まとめ6選
【写真・体験談あり】 いつから生える?自毛植毛の効果と手術後の経過まとめ
【写真・体験談あり】 いつから生える?自毛植毛の効果と手術後の経過まとめ
【費用比較】ここが最安値!自毛植毛のチェックポイントとクリニック別値段まとめ
【費用比較】ここが最安値!自毛植毛のチェックポイントとクリニック別値段まとめ
【どっちがいい?】自毛植毛のFUE法とFUT法の違い徹底解説!
【どっちがいい?】自毛植毛のFUE法とFUT法の違い徹底解説!
PR
BUBKA ZERO(ブブカ ゼロ)

自毛植毛の人気の記事

「自毛植毛」で人気の記事を集めました

人気の記事

ハゲ治療ゼミで人気の記事を集めました

キャピキシル系で最もおすすめなスカルプエッセンス

フィンジアはキャピキシル系で最もおすすめのスカルプエッセンスです!


人気のキーワード

今ハゲ治療ゼミで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。