1. ハゲ・薄毛 治療 >
  2. AGA・若ハゲ >
  3. シャンプー >
  4. 【薄毛とかゆみ】頭皮がかゆいとハゲるのは本当?頭皮のかゆみの原因と対策まとめ

【薄毛とかゆみ】頭皮がかゆいとハゲるのは本当?頭皮のかゆみの原因と対策まとめ

頭がかゆいとハゲにつながるのか?かゆみは頭皮にとっては異常事態ですが、それがそのまま薄毛につながっているとしたら怖いですよね。本当なのか、頭皮のかゆみとハゲの関係についてまとめました!

「頭皮がかゆいとハゲる」は本当か?

シャンプー 「頭皮がかゆいとハゲる」は本当か?

良くわからないけれど頭がかゆいなぁと思ってたら、抜け毛も増えてきた。
そんな経験ありませんか?

頭皮がかゆいという事は、頭皮に何かしらのトラブルが起きている事に違いはありません。

頭皮のかゆみ=ハゲる、と考えている人がいるようです。
ネットで調べてみると、そのように感じている方がいる事が良く分かります。

これはハゲが始まっているのでしょうか...

親ははげていないのですが、私自身最近頭のてっぺんがかゆいなあと思うことがあります...

最近アタマのてっぺんがかゆいです。

ハゲるんですか?

頭皮のかゆみがハゲにつながると考える人が、少なからずいることが分かります。
今回は、頭皮のかゆみの原因やハゲと関係があるかどうかにフォーカスしていきます!

↑目次に戻る

頭皮のかゆみとハゲや薄毛(AGA)との関係はない

AGAの原因は男性ホルモンDHT

シャンプー AGAの原因は男性ホルモンDHT

まずAGAの原因について簡単に触れておきます。

男性ホルモン・テストステロンは、頭皮に存在する5αリダクターゼという酵素によって、ジヒドロテストステロン(DHT)へと変化します。

DHTは毛乳頭の細胞や毛母細胞へと作用し、ヘアサイクルを乱します。
すると、通常は年単位で伸びるはずの髪の毛が、十分に育つ前に抜け落ちるようになります。

AGAに関連する因子は、いずれも頭皮にかゆみや炎症を引き起こすようなものではありません。
したがって、AGAと頭皮のかゆみには全く関係がないとされています。

かゆみはほとんど関係がない

シャンプー かゆみはほとんど関係がない

男性ホルモンが変化する事でAGAは引き起こされます。
DHTは前頭部や頭頂部に多く存在し、側頭部や後頭部にはあまり存在しないことが知られています。

しかし、頭皮のかゆみについてはどうでしょうか?
頭皮がかゆくなるのは、前頭部や頭頂部だけでしょうか?
頭皮全体がかゆくなることもあれば、側頭部や後頭部もかゆくなることがありますよね。

こういった事からも、AGAやAGAに関わる因子によってかゆみが引き起こされるわけではないと言えるでしょう。

↑目次に戻る

頭皮のかゆみの原因

洗髪に問題あり

シャンプー 洗髪に問題あり

シャンプーの成分が頭皮に合わなかったり、ドライヤー・ヘアケアの仕方が間違っていたりするなど、誤った頭皮ケアを続けると、炎症やかゆみなどを引き起こし、さらには抜け毛につながる事があります。

頭皮に優しい成分を使用したシャンプーを使ったり、丁寧にドライヤーをしたりするなど、ヘアケアを大切に行いましょう。

睡眠不足

睡眠不足によって精神的・肉体的にストレスがかかると、自律神経に影響が出てきます。

自律神経は皮脂分泌やアレルギーにも関係があり、身体の様々な機能に深く影響しています。
自律神経に影響が出る事で全身に影響が出ますので、頭皮にもかゆみとして症状が現れる事があります。

人によって症状の出る部分や現れる症状は違います。
皮脂分泌が過剰になる人の場合は、脂漏性皮膚炎を起こして、頭皮がひどくかゆくなる事があります。
また、アレルギーの症状としてアトピー性皮膚炎を起こす場合も考えられます。

ちょっとくらいの夜更かしならいいよね、明日いっぱい寝れば大丈夫、と軽視してはなりません。

毎日規則正しい時間に寝て、同じ睡眠時間が摂れるようにしましょう。

飲酒量

シャンプー 飲酒量

お酒は血管を拡張させて、体温を上げる効果があります。
身体が火照ると、発汗が起こりますし人によってはかゆみを催す事があります。

また、お酒の分解は体内でエネルギーを消費します。
アルコールの分解には酵素が必要であり、酵素が働くにはビタミンやミネラル、タンパク質を消費します。

生命維持に必要な栄養をアルコールの分解に消費すると、頭皮を健康的に保てなくなるため、頭皮のかゆみにつながる事もあります。

油分の多い食事

本来、肌や頭皮は油分・水分を絶妙なバランスで保っています。
ヘアケアは正しいし、睡眠も十分、アルコールも摂取していないのに…そう感じるのであれば、油分の多い食事を摂り過ぎている可能性があります。

油分は代謝された後、エネルギーとして利用されますが、皮脂として分泌もされます。
皮脂は皮膚常在菌のエサとなり、その代謝物によって頭皮にかゆみを引き起こすこともあります。

↑目次に戻る

頭皮のかゆみが抜け毛につながっている場合の原因

頭皮を爪で掻いてしまっているから

シャンプー 頭皮を爪で掻いてしまっているから

頭皮がかゆいと、どうしても爪を立てて頭皮をボリボリと掻いてしまいます。
自分では意識していなかったとしても、何か作業中に、あるいは寝ている最中に無意識のうちに掻いてしまう事があります。
頭皮を掻いてしまえば、物理的な刺激で髪の毛が抜けますし、かゆみが続けば抜け毛が増える原因にもなります。

また、一度でも頭皮を掻けば頭皮は傷付いた状態となります。
頭皮が傷付いた状態では雑菌が入りやすく、物理的な刺激にも敏感になっていますので、さらなるかゆみにもつながります。

つまり、頭がかゆいからと安易に掻き続けていると、さらにかゆみを引き起こす悪循環となります。
すると抜け毛も増えやすくなりますし、掻く癖が続くと、掻いた場所からは髪の毛が生えてこなくなる事もあります。

かゆみを我慢する事は難しいですが、出来ればその原因を明らかにして改善していきましょう。

乾燥または皮脂の過剰分泌で頭皮環境が悪くなっているから

シャンプー 乾燥または皮脂の過剰分泌で頭皮環境が悪くなっているから

頭皮や肌は、汗による水分・皮脂による油分によって、外側の刺激から保護されています。
つまり、水分・油分が適切なバランスであるから頭皮は清潔に保たれていますので、そのバランスが崩れればかゆみなどの症状が出てきます。

例えば、空気が乾燥する時期ですと、肌がカサカサになってかゆくなる事があります。
逆に、皮脂が過剰に分泌されて吹き出物や炎症になる事もあります。

これと同様に、頭皮環境が乾燥した状態、あるいは皮脂が過剰分泌されている状態は、水分・油分のバランスが正常ではありません。
ですので、外側からの刺激に対しても敏感になっています。

すると、日常生活を送っていて何かと頭皮がかゆく感じて、ついボリボリと掻いてしまう、という状態になってしまいます。

頭皮に合わないシャンプーを使っている

頭皮の性質に合わないシャンプー、洗浄力の強いシャンプーを長い期間使用していると、頭皮の環境は悪くなっていきます。

成分そのものが肌に合わないとアレルギー反応を起こし、炎症やかゆみを引き起こす事があります。
また、洗浄力の強いシャンプーは皮脂の過剰分泌を促し、炎症やかゆみの原因ともなります。

成分を正しく選ぶ事は手間かもしれませんが、抜け毛や薄毛につながる可能性があるとしたら正しく選びたいものですよね。

↑目次に戻る

フケと薄毛の関係

脂性フケ

シャンプー 脂性フケ

脂性フケは、文字通り湿り気を持っているのが特徴で、触ってみると皮脂でベトっとした脂っぽい感じです。
頭皮を掻いた時に爪の間に溜まりやすく、比較的大きめのフケです。

脂性フケは、頭皮の皮脂分泌が盛んな方に見られるフケです。
頭皮の皮脂分泌が盛んであると頭皮環境の悪化やかゆみにもつながりますが、人によっては脂漏性皮膚炎へとつながる可能性もあります。

脂漏性皮膚炎は、マセラチア菌という毛穴などに存在する常在菌によって引き起こされます。
マセラチア菌は皮脂を好み、皮脂中の中性脂肪を分解します。
分解された中性脂肪は、肌や頭皮にとっては刺激となる成分であり、これによって炎症が起こされます。

炎症を放っておくとかゆみやカサブタが出来てしまい、頭皮環境の悪化へとつながります。
髪の毛が細くなったり、毛根へのダメージとなったりするなど、髪の毛が抜けやすくなっていきます。

乾燥フケ

シャンプー 乾燥フケ

乾燥フケの特徴は、粉雪のようにサラサラしている事です。
スーツの肩に白い粉のようなものがびっしりと着いていたら、乾燥フケかもしれません。

乾燥フケは、手で払うと簡単にハラハラと下に落ちてきていきます。
乾燥肌の人やアトピー性皮膚炎の人、生後間もない新陳代謝が活発な赤ちゃんにも多く見られます。

放っておくと粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)による抜け毛につながる可能性もあります。

フケが大量に出てくると、フケ自体が毛穴を塞いでしまいます。
塞がれた毛穴ではマセラチア菌が大量に増殖してしまい、かゆみや炎症が起こりて抜け毛へとつながっていきます。

脂性フケ・乾燥フケどちらの原因でも、マセラチア菌が大量に発生する可能性があります。

たかがフケかもしれませんが、ずっと放置しておいて気付いた頃には抜け毛が進行していたという事もあります。

安易に考えず、しっかり対策をしないと病気になるかもしれませんよ!

↑目次に戻る

かゆみやフケとハゲ・薄毛(AGA)は関係ないけど、頭皮環境の改善は重要!

シャンプー かゆみやフケとハゲ薄毛(AGA)は関係ないけど、頭皮環境の改善は重要!

ここまで触れてきたように、かゆみやフケそのものはAGAとはありません。

しかし、かゆみやフケは頭皮環境に悪化が影響しており、放置しておけばAGA以外の原因によって抜け毛の増加や薄毛につながる可能性があります。

したがって、軽んじる事は出来ない事が分かりますね。
では、具体的にどのように対策をしていけばいいのでしょうか?

↑目次に戻る

頭皮のかゆみの対策方法

食生活・生活習慣を見直す

シャンプー 食生活生活習慣を見直す

運動不足や睡眠不足などの生活習慣の悪化・乱れた食生活は、頭皮環境の悪化につながります。

食事内容は栄養バランスのとれたもの積極的に摂り、炭水化物中心の食事や脂質の多いものはなるべく控えるようにしましょう。

睡眠時間は夜10時~2時のゴールデンタイムの4時間のうちに入眠するようにし、6時間以上は睡眠時間を確保する事が大切です。

また良い睡眠を得るには適度な疲労感が必要です。
仕事でぐったり疲れていればすぐに入眠もできますが、出来れば運動により適度な疲労感を得てから寝ると、目覚めも気持ち良く迎えられます。

なるべく肉体的・精神的にストレスのない生活を送る事を意識しましょう!

頭皮を傷つけないようにする

シャンプー 頭皮を傷つけないようにする

頭皮は髪の毛で守られているので、丈夫に出来ているように見えるかもしれません。
ですが、皮膚は薄いため物理的な刺激に対して強いわけではありません。

頭皮は他の皮膚が1mmなのに対して、2倍の2mmの厚さがあります。
しかし2mmの厚さがあると言っても、かゆいからとと爪を立てて一生懸命に掻いていては傷付いてしまいます。

ですので、頭がかゆい時でも掻きむしらず、患部を保冷剤で冷やしたりタオルの上から掻いたりして、刺激を回避してください。
また、シャンプーの時は爪を立てず指の腹で洗うなど、頭皮を傷つけないようにしましょう。

お酒を減らす

前述したように、お酒の摂取は血行を良くし、体温の上昇や発汗を促します。

体温の上昇で、人によってはかゆみを起こす事があります。
また、発汗が起こると頭皮が蒸れるので、かゆみにもつながります。

会社員の方はお酒を飲まざるを得ない環境にあることが多いでしょうが、なるべくお酒を控える工夫をされると良いでしょう。
1杯でやめておく、水やジュースで割って薄くして飲むなど、ちょっとしたことで摂取量を減らしましょう。

アミノ酸シャンプーを使用する

シャンプー アミノ酸シャンプーを使用する

頭皮のかゆみを感じているなら、今使っているシャンプーを見直してみましょう。

シャンプーの成分が自分の頭皮に合わず、かゆみを起こしている事があります。
また、シャンプーの洗浄力が強すぎて頭髪の洗いすぎや、頭皮の乾燥や過剰な皮脂分泌を引き起こす事もあります。

アミノ酸系のシャンプーは洗浄力が抑えられていて、身体を構成しているアミノ酸と同類の成分出来ています。
ですので、その他のシャンプーよりも肌への刺激が少ないのが特徴です。

頭皮のかゆみが気になる場合は、シャンプーの切り替えで、症状が一気に解消出来るかもしれません!

濡れたままの髪はドライヤーで乾燥させ、雑菌の繁殖を防ぐ

シャンプーの選択と同じように大切な事は、洗髪後はドライヤーで頭髪を乾かす事です。

髪の毛をタオルドライしただけでは、頭皮はまだまだ乾いておらず蒸れた状態です。
蒸れた状態は皮膚常在菌にとっては絶好の環境であり、もっとも繁殖しやすい状態にあると言っても過言ではありません。

ドライヤーで頭髪を乾燥させずに自然乾燥に頼っていると、頭皮環境は皮膚常在菌によって影響を受けて悪化する事があります。
面倒くさがらずにドライヤーで乾燥させる事をオススメします。

↑目次に戻る

かゆみが収まらないなら皮膚科へ

かゆみはアトピー、カビ、紫外線が原因かも

シャンプー かゆみはアトピー、カビ、紫外線が原因かも

かゆみの原因は前述したものが一般的ですが、アトピーやカビ、紫外線によって引き起こされる場合もあります。

アトピーは肌が乾燥したことにより、外的な刺激に対して敏感になりやすくなります。
結果、頭皮の汗や乾燥によってかゆみを感じやすくなります。

カビも人によってはアレルゲンとなり、カビやカビの胞子が付着する事でかゆみとして感じる事があります。
カビは一般的には無害ですが、カビが生えているような環境に長期間暮らしていると、アレルギー体質としてかゆみやくしゃみなどの症状が出てくる事があります。

また、あまり外に出る生活習慣を送っていない場合は、紫外線による影響を受けやすくなります。
一般的には紫外線の影響は日焼けや炎症ですが、人によっては頭皮のかゆみとして紫外線の影響が出る事があります。

原因が分からない場合は、一人で悩まずに、皮膚科に行って専門医の診断を仰ぐようにしましょう。

AGAの場合は専門クリニックへ

シャンプー AGAの場合は専門クリニックへ

AGAが直接かゆみと影響がないことは前述しました。

ですが、どうしてもかゆみに心当たりがない、生活を改善しても全然収まらない、ということであればAGA専門クリニックを受診することをオススメします。
頭皮や髪のプロが集まっていますので、原因が特定されるかもしれません。

病院やクリニックだなんて大袈裟な…と思うかもしれませんが、放っておくとかゆみや抜け毛の進行が加速することも予想されます。
早めの対策をが功を奏する場合もありますので、まずは無料カウンセリングを受けてみましょう。

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック

0円

  • 1カ月4200円からのリーズナブルな費用が特徴
  • 自らの薄毛に悩んだ医師が開発したオリジナルの治療薬が好評
  • 月1回30分の通院で済む
  • 患者の状態に合わせた適切な処方
  • プライバシーへの配慮が抜群
  • 全国に45院展開、年中無休、10:00〜21:00まで営業
  • 無料カウンセリング実施中

公式ホームページ

↑目次に戻る

総括

シャンプー 総括
  • 頭皮のかゆみとハゲや薄毛(AGA)との関係はない
  • 頭皮のかゆみの原因は、睡眠不足、飲酒量アトピーやカビなどが考えられる
  • かゆみによって抜け毛が増える可能性がある
  • 放っておくと、皮膚炎など病気になる場合も
  • 食生活・生活習慣、ヘアケアを見直す
  • かゆみが収まらないなら皮膚科やAGA専門クリニックへ

かゆみとハゲの関係は、直接的にはありません。
ですが、だからと言ってやたらめったらボリボリ掻いていると、抜け毛が増えて薄毛につながることもあります。
正しい生活を送り、改善を図りましょう!

最終更新日: 2017-07-15

タグ:
シャンプー 生活習慣 AGA専門クリニック

記事に関するお問い合わせ

PR
AGAスキンクリニック
PR
チャップアップ

「シャンプー」に関する記事

シャンプーについてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

【おすすめ】<ランキング形式>女性に効果がある人気薄毛・育毛シャンプー8選
【おすすめ】<ランキング形式>女性に効果がある人気薄毛・育毛シャンプー8選
【評価】育毛シャンプーは効果あり?ポリピュアシャンプーの効果・成分、使用感まとめ
【評価】育毛シャンプーは効果あり?ポリピュアシャンプーの効果・成分、使用感まとめ
【口コミあり】薄毛・抜け毛対策!男性向けおすすめ育毛シャンプーランキングTOP9
【口コミあり】薄毛・抜け毛対策!男性向けおすすめ育毛シャンプーランキングTOP9
アミノ酸シャンプーで薄毛を改善!毎日のケアで頭皮を健康に
アミノ酸シャンプーで薄毛を改善!毎日のケアで頭皮を健康に
若ハゲに効果的なシャンプーとは?ハゲないシャンプーの方法
若ハゲに効果的なシャンプーとは?ハゲないシャンプーの方法

「AGA・若ハゲ」に関する記事

AGA・若ハゲの記事は他にも多数!

【画像あり】ハゲに似合う!おしゃれハゲのファッションコーデまとめ
【画像あり】ハゲに似合う!おしゃれハゲのファッションコーデまとめ
【体験談あり】 プロペシアやミノキシジルで体毛は濃くなる?薄くなる?理由まとめ
【体験談あり】 プロペシアやミノキシジルで体毛は濃くなる?薄くなる?理由まとめ
【画像あり】元ネタから徹底調査!「ハゲ散らかす」の意味と定義まとめ
【画像あり】元ネタから徹底調査!「ハゲ散らかす」の意味と定義まとめ
「ハゲ」や「デブ」は本当にモテない?ハゲでも結婚できるのか徹底検証!
「ハゲ」や「デブ」は本当にモテない?ハゲでも結婚できるのか徹底検証!
押して薄毛を改善!育毛・発毛に効果的なツボの位置・押し方まとめ
押して薄毛を改善!育毛・発毛に効果的なツボの位置・押し方まとめ

「シャンプー」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

PR
AGAスキンクリニック

シャンプーの人気の記事

「シャンプー」で人気の記事を集めました

人気の記事

ハゲ治療ゼミで人気の記事を集めました

キャピキシル系で最もおすすめなスカルプエッセンス

フィンジアはキャピキシル系で最もおすすめのスカルプエッセンスです!


人気のキーワード

今ハゲ治療ゼミで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。